Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【商品紹介】ノートパソコンを充電できるモバイルバッテリー

こんにちは!

Thinkです(Twitterアカウント👉https://twitter.com/Think_blog_2019)

 

Lifebook WU3/D2やThinkpad x1 Carbonのような、USB PD対応のパソコンを持ち運ぶときに便利なアイテムを紹介したいと思います。

 

モバイルノートパソコンは、文字通り持ち運びやすいのが大きな特徴です。

外出先で使うことを考えると、バッテリーがなくなった時のことを考えて充電器を持ち運ぶのが良いですが、それでもコンセントがないと充電できません。

 

今の時代、新幹線の中にもコンセントが整備されるなど、昔よりは充電できる環境が整ってはいますが、震災や停電といった不測の事態のことを考えると、充電器よりもバッテリーのような停電環境でも充電できるものを持ち運んだほうが、より安心です。

 

今回はスマートフォンタブレットだけでなく、ノートパソコンも充電できるモバイルバッテリーを紹介します。

 

 

①付属のACアダプター以外の充電方法


USB PD規格がノートパソコンに搭載されるまでは、付属のACアダプターでしか充電することができませんでした。

 

最近ではUSB PD対応のUSB Type-Cポートがノートパソコンに搭載されましたので、充電方法の選択肢が増えました。

今回紹介するモバイルバッテリーも、その選択肢の一つになります。

 

 

ノートパソコンに限らずコンセントがないところで充電する方法として、スマートフォンタブレットを充電するのに使用するモバイルバッテリーが思い浮かぶと思いますが、出力電力と充電規格の関係でほとんどのモバイルバッテリーはノートパソコンを充電できないです。

 

ノートパソコンを充電するには

USB PD対応

出力電力が45W以上

が必要です。

 

出力電力については、機種によってはもっと低い数値の出力電力ものでも充電ができますが、ノートパソコンの消費電力を考えると45W以上のほうが現実的です。

 

f:id:Think_diary:20200204210259j:plain

 

②ノートパソコンを充電できるモバイルバッテリーの紹介


ノートパソコンを充電できるモバイルバッテリーが、ほかのモバイルバッテリーと異なる点は、「USB PD対応で45W以上の出力が可能」というという機能を持っている事です。

 

ここで注意が必要なのが、「バッテリー容量が多くても、USB PDに対応していて、出力が45W以上でないとノートパソコンは充電できない」というところです。

 

例えば、容量が30000mAhという大容量モバイルバッテリーがあったとしても、USB

PDに対応していなければノートパソコンに充電できません。

 

一番の理想は、容量が多く、USB PD対応で、45W以上の出力を持ったモバイルバッテリーです。

 

<2021年12月22日追記>

記事掲載当初紹介していたRAVpower製のモバイルバッテリーですが、Amazon市場から削除されてしまったため、現在購入できません。

Anker製のモバイルバッテリーで同様の機能を持っているものの商品リンクを掲載いたしますので、そちらも併せてご確認いただければと思います。

 

☟Anker製モバイルバッテリーの商品リンク(Anker PowerCore III Elite 25600)

 

f:id:Think_diary:20200204190757j:plain

 

③USB PD対応のモバイルバッテリーの大きさは?


f:id:Think_diary:20190905203310j:plain

モバイルバッテリー本体

f:id:Think_diary:20190905203337j:plain

Lifebook WU3/D2との比較

f:id:Think_diary:20190905203411j:plain

搭載端子と厚さの比較

 

このモバイルバッテリーは、20100mAhと大容量であるため、なかなかの大きさです。

ですが、出張先や旅行先でコンセントが無くても充電できるメリットがあります。

 

容量が少ないモバイルバッテリーだと、もっと薄型のものもありますが、薄型のものはノートパソコンを充電できるほどの出力を出すことができません。

 

また、この大容量&高出力を生かしてノートパソコン以外に、スマートフォンタブレットも高速に充電することができます。

一般的なスマートフォンであれば、2回以上充電できるようです。

 

このような大容量モバイルバッテリーを充電しようとすると、充電にも時間がかかります。

 

出力が低いUSB PD充電器を使用すると時間がかかりますので、高出力のACアダプターを使用することにより、より短時間で充電することができますので、併せて所持していると便利です。

 

☟高出力USB PD充電器の商品リンク(Anker Nano II)

 

f:id:Think_diary:20200204210219j:plain

 

④USB PDで充電するときは対応したケーブルが必要です


USB PDに対応しているUSB Type-Cケーブルでも、対応している電力が異なりますので、専用のケーブルを容易する必要があります。

 

私がオススメするのは、「L字型端子を搭載したケーブル」です。

 

詳細は以下の記事に書いておりますので、是非ご確認ください。

www.think-diary.com