Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【初心者向け】危険物取扱者の勉強法 第六類編

こんにちは!

Thinkです。

 

今回は危険物取扱者の試験を初めて受験する方のために、第六類の特徴について記事を書きました。

 

乙第六類を受験する方だけでなく、甲種を受験する方でも参考になるかと思いますので、今後受験しようと考えている方やまさに受験勉強をしている方は、是非ご覧いただければと思います。

 

👇危険物取扱者の概要は以下の記事で解説しておりますので、こちらも併せてご覧ください。

www.think-diary.com

 

 

①第六類って何?


危険物の第六類は、「酸化性液体」です。

 

概要は

「他の可燃物の燃焼を促進する液体」

です。

 

どこかで見たことありますね。

そうです、第一類と似たような性質です。

 

酸化性液体

  1. 酸化する
  2. 性質を持った
  3. 液体

です。

第一類は固体でしたが、第六類は液体です。

 

なので、性質はほとんど一緒ですので、酸化については第一類の記事を参考にしてもらえればと思います。

 

👇第一類の記事

www.think-diary.com

 

簡潔に書きますと、第六類は他の物を酸化しますので、酸化されやすい物(=可燃物)と一緒にすると、燃え上がります。

なので、管理する上で、可燃物との接触は避けなければなりませんし、水と接触して発熱するものもあります。

 

②第六類に指定されている物質


第六類は、化合物毎に分類されています。

  • 過塩素酸
  • 過酸化水素
  • 硝酸、発煙硝酸
  • その他政令で定めるもの
  • 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

第六類は、他の類と比較してそこまで数は多くないですし、複雑な構造もありません。

また、指定数量は全部一緒で、「300kg」です。

 

第六類共通の特徴ですが

  • 分子内に過剰な酸素が結合している
  • ハロゲンとハロゲンの化合物

です。

 

分子内に過剰な酸素を持っている点については、第五類でも触れましたが、過剰な分を放出して、安定な形に戻ろうとします。

 

第五類では、この時放出した酸素が、同じ分子内にある炭素、水素などと結合することで、燃焼が起こりましたが、第六類は、同じ分子内に燃焼する物が無いので、自分が燃焼することはありません。

 

また、これは硝酸についても同様です。

 

次にハロゲンとハロゲンの化合物ですが、これ自体は酸素を分子内にもっていませんので、酸素を放出することはありません。

 

ですが、電子を引き付ける力が強いハロゲン同士が結合していますので、容易に結合が外れ、他の物質に結合します。

 

そして、ハロゲンは他の物質に結合すると、酸素のように電子を奪います(=酸化)ので、酸化作用があります。

 

また、特にフッ素を含んでいる物は、様々な物と反応してフッ化物を作ります。

水とも反応しますので、注意が必要ですし、ガラスでさえ溶かしてしまいます。

 

<過塩素酸>

第一類では過塩素酸ナトリウムがありましたが、こちらはナトリウムの代わりに水素が結合しているものです。

 

不安定な物質で、とても酸化力が強いです。

そのため、可燃物と混ぜるだけでなく、ただ貯蔵していても徐々に分解し、爆発する危険性があります。

 

もちろん、可燃物と混ぜるのもダメです。

過酸化水素

水分子にさらに1つ酸素が結合した物です。

こちらは、ケガをしたときに使う消毒液のオキシドールの主成分です。

 

消毒に使うのは、3%程度の水溶液ですが、工場や実験で使う時はもっと濃い物を使います。

 

しかし、濃度が50%以上になると、急速に分解する可能性が高くなり、爆発することもあります。

 

もちろん、可燃物と混合するのはダメです。

消毒液のような濃度が低いものであれば大丈夫ですが、濃度が濃い物に可燃物と接触すると、急激に酸化が起こり、爆発します。

 

<硝酸、発煙硝酸>

硝酸は水に二酸化窒素が溶解したものですが、86%以上溶かしたものを発煙硝酸といいます。

 

なぜ発煙するのかというと、二酸化窒素の水に溶ける限界量付近の濃度なので、水から二酸化窒素が揮発してくるためです。

いわゆる満員電車のようなもので、ドアが開いた瞬間に人が流れ出てしまう(=二酸化窒素が空中に飛び出す)ようなものです。

<その他政令で定めるもの>

具体的には

  • 三ふっ化臭素
  • 五ふっ化臭素
  • 五ふっ化よう素

です。

 

これらは、臭素やよう素といったハロゲンに、ふっ素が結合した物です。

不安定な物質で、水や可燃物と接触すると激しく反応し、発熱します。

また、猛毒のふっ化水素を発生しますので、火災時には水系の消火剤は使えません。

 

<試験>

・燃焼試験

酸化力の潜在的な危険性を評価する試験

f:id:Think_diary:20211007131956p:plain



④第六類全体の共通事項


<特性>

  • 不燃性の液体
  • 無機化合物
  • 酸化力が強い
  • 腐食性があり、蒸気が有毒

<火災予防方法>

  • 火気、日光の直射は避ける
  • 可燃物や金属との接触は避ける
  • 貯蔵容器は耐酸性のもの
  • 水と反応するものは水との接触を避ける
  • 通風のよい場所で取り扱う

<消化方法>

  • 水や泡消火剤(ハロゲン化物はダメ)
  • 二酸化炭素やハロゲン化物を用いた窒息消火は効果が無い

 

⑤まとめ


第六類は酸素を出して可燃物を酸化させる「酸化性液体」です。

自身が酸素をだしますが、第五類と異なり、自身は燃えないです。

 

酸化性なので、他の危険物を運搬するときは、同一車両に以下の物と一緒に積んではいけません。

  • 第二類(可燃性固体)
  • 第三類(自然発火性物質、禁水性物質)
  • 第四類(引火性液体)
  • 第五類(自己反応性物質)

第一類は酸化性の固体ですので、一緒に輸送できます。

 

ですが、それ以外の類は可燃物なので、接触する可能性を無くさなければなりません。