Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

Lifebook WU2/E3の5Gモデルで最強のモバイル環境を作る!

こんにちは!

Thinkです(Twitterアカウント👉https://twitter.com/Think_blog_2019)

 

今回は富士通製のノートパソコン「Lifebook WU2/E3」の5Gモデルを購入し、格安SIMでモバイル環境を構築しましたので、記事を書きました。

 

これまでも、法人向けモデルではWWAN対応モデル(携帯電話のネットワークに接続可能なモデル)はありましたが、一般向けには普及していませんでした。

 

このWU2/E3シリーズから、WWAN対応で、しかも5Gに対応したモデルが一般向けにも発売されました。

価格が高いのがネックですが、どこでも作業できる環境を構築したい方はぜひご検討いただければと思います。

 

 👇通常モデルの記事は以下のリンクになります

www.think-diary.com

 

 

 

①購入したLifebook WU2/E3のスペック


  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • CPU:Intel Core i7-1165G7 (4コア/8スレッド)
  • メモリ:32GB (オンボード
  • ストレージ:約128GB SSD (PCIe)→2TB SSDへ換装
  • ディスプレイ:13.3型ワイド フルHD(1920×1080) ノングレア液晶
  • カメラ:フルHD Webカメラ (有効画素数 約92万画素)
  • 無線通信:内蔵 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax準拠+Bluetooth v5.0)、5G
  • バッテリ:内蔵バッテリー リチウムイオン 50Wh
  • 拡張I/F:HDMI出力×1、Thunderbolt4 Type-C×2、USB3.2(Gen1)Type-A×2
  • カラー:ピクトブラック
  • キーボード:日本語配列かな表記ありキーボード(バックライト付き)
  • 主な添付品:小型ACアダプタ
  • 駆動時間:21.5時間(JEITA2.0)
  • サイズ:横307×奥行197×高さ15.5mm
  • 質量 898g(公称値)

 

<通常モデルとの大まかな違い>

 

5G対応モデルということで、もちろんWWANに対応しているのが、通常モデルとの大きな違いです。

また、5Gと書いてありますが、4Gにも対応しているので格安SIMが使えます。

 

そして、USB Type-Cが通常モデルではUSB3.2(Gen2)を搭載していましたが5GモデルではThunderbolt4に変更されています。

 

これによって充電やデータ転送速度が少し向上し、外付けGPUのようなThunderboltにのみ対応したデバイスを使うことができます。

 

②本体外観


f:id:Think_diary:20210314200817j:plain

SIMスロットは右側面の手前側にある

f:id:Think_diary:20210314200903j:plain

USB Type-CがThunderboltマークに変更

f:id:Think_diary:20210314201003j:plain

下:5Gモデル、上:通常モデル 5Gモデルの方が肉厚

本体外観はSIMカードスロットが増えていることと、端子のマークが変わっている事以外は、ほとんど見た目は変わりません。

また、手で触ってみて気が付くレベルですが、キーボード面を構成しているフレームの厚みが少し増えていて、通常モデルよりも角張っていました。

耐久性向上のほかに、SIMカードスロットのカバーが勝手に開かないようにするためのストッパーの役割があるように見えます。

 

通常モデルよりも約30g増加していますが、手で持った感覚はほとんど変わりがありません。

 

格安SIMはデータ繰り越し重視で選択


このパソコンで使う格安SIMは、データ繰り越しを重点に置いて選別しました。

ほとんどの会社は、繰り越し回数が1回のみのプランですので、使わなかったデータは繰り越し2回目で消えていきます。

 

私がこのパソコンをどのように使うか考えたときに

✅基本的には家のWifiに接続して使用

✅外に持ち出すのは1カ月中に4回くらい

✅使うときはがっつり使う

でしたので、ほとんど使わないことになります。

なので、繰り越し回数無制限のプランを選択しました。

 

繰り越し回数無制限のプランですが、私が探した限り、y.u mobile からしか提供されていませんでした。

  

この会社のプランは「永久不滅ギガ」というプランで、データ繰り越し回数が無制限というプランです。

繰り越し回数は無制限ですが、貯めて置けるデータ量は最大で100GBとなります。

なので、使わないといつかは損になりますが、ほかの企業のプランよりは損害が少ないです。

 

では早速通信速度を見てみましょう。

 

f:id:Think_diary:20210313205209j:plain

SPEED TEST結果

f:id:Think_diary:20210313205226p:plain

Googleの速度テスト結果

通信スピードはspeedtestGoogleの速度計測サイトを使用しました。

その結果、インターネット速度は非常に高速という結果がでました。

 

携帯電話のネットワークなので時間帯や場所によって変動しますが、外出先でネットサーフィンをする分には十分だと思います。

 

実際、スピードテスト以外にネットサーフィンをしてみましたが、特に問題はありませんでした。

 

④まとめ


良い点

✅13.3インチディスプレイ搭載で1kg以下

✅有線LAN、フルサイズSDカードスロット、HDMI端子を搭載

✅ACアダプターがUSB PD対応

✅長時間のバッテリー駆動

✅片手で開けれるディスプレイ

✅キーボードバックライト搭載

✅WWAN搭載でどこでもインターネット

✅Thunderbolt4搭載で高速データ転送可能

 

悪い点

✅キーボード上面が触れないほど熱くなる

✅角が角張っていて裏面の手触りが滑らかではない

  

 

どこでもインターネットにつながるので、通常モデルよりもさらにモバイル性能が向上しました。

まさに最強のモバイルパソコンです。

ただ裏面の質感が、通常モデルでは滑らかだったのに対して角張ったのがとても残念です。

指が切れることはないですが、もう少し滑らかに加工してもらえれば良かったです。

 

👇Lifebook WU2/E3は以下のリンクから購入できます。

(直販モデルがWUシリーズ、販売店モデルがUHシリーズです)