Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

PC購入時の必須ソフトウェア ウィルスセキュリティソフトの紹介

こんにちは!

Thinkです。

 

これまでノートPCのレビュー記事を書いてきました。

今回は今の時代、PCを使う上で必須といってもよいソフトウェア、ウィルスセキュリティソフトを紹介します。

紹介するのは、「ノートンセキュリティ」です。

私も使用していますが、検出性や動作の軽さはもちろんのこと、インストールしているデバイスの管理も楽です。

今は3台用の契約をしていますが、PCが増えてきたら5台用の契約に変更しようかと考えています。

 

 

 

 

①数々あるウィルスセキュリティソフト その中からなぜノートンを選ぶのか?

  1. 世界シェアNo.1
  2. 高い検出率
  3. バイスの管理が容易

大まかに理由を書くと上記の3点が理由です。

 

②世界シェアNo.1だと何がいいのか?

なぜ世界シェアNo.1が、ノートンを選ぶ理由になるのでしょうか?

世界で一番売れてるんだから、そりゃいいに決まってる」と言いたくなりますが、ちゃんと理由があります。

それは、世界シェアNo.1ということは、さまざまな脅威(ウィルス、マルウェア、不正侵入等々)の報告が、ほかのウィルスセキュリティソフトと比べていち早く入手できるということです。

そのため、新種のウィルスに対して速く対抗することができます

 

逆に言えば、世界シェアが少ないメーカのウィルスセキュリティソフトは、ユーザが少ないため、新規に作成されたウィルスの情報がすぐに入手できないため、対応が遅れてしまい、手遅れになる可能性があるということです。

 

③高い検出率とはどうやって計測しているのか?

さまざまなウィルスセキュリティソフトの評価をしている「SE Labs」というサイトがあり、そこで発表された防御力評価で最高評価の「AAA」を18回連続受賞しています。

↓今年の4月から6月にかけて行われた評価の結果のリンクになりますが、もちろん「AAA」です。

https://selabs.uk/download/consumers/epp/2019/apr-jun-2019-home.pdf

 

ですが、既知のウィルスに対してはある程度のシェアを持つどのメーカーでも対応できます。

しかし、ノートンは未知のウィルスでも、ソフトウェアのふるまいから検知するといった、未知の脅威に対しても対策をとっています

 

④デバイスの管理はマイノートンから簡単に行える

ノートンのサイトにアクセスし、ログインすると今インストールしているデバイスの一覧が表示されます。

そのため、PCを買い替えたり、追加したりした時のインストール。といった管理が容易にできます。

また、ログイン時も面倒ではありますが2段階認証するため、ほかのサイトと比較して不正アクセスされる心配も低いです。

 

⑥総合的にバランスの取れたセキュリティソフト

ランサムウェア・ウィルス・スパイウェア対策、不正アクセスの防止(ファイアウォール)、ウィルス駆除サービスも含め、ある意味「全部入り」のセキュリティソフトです。

また、動作の軽さですが、業界最軽量ではありませんが最新のノートPCでメモリ8GB以上搭載してあれば、ほかの作業に影響なく動作します。

 

⑦今なら新商品「ノートン360」も!

これまでノートンセキュリティの紹介をしてきましたが、最近ノートンセキュリティにインターネット送受信の暗号化機能が追加された「ノートン360」が発売されました。

ノートンセキュリティは、あくまでも「自分のPCの保護」だけでしたが、これに「Wi-Fi通信暗号化(ノートンセキュアVPN))」を追加したものが「ノートン360」です。

 

Wi-Fi通信暗号化とは

最近、カフェやコンビニなどで、だれでもアクセスできる「フリーWi-Fi」が増えてきました。

誰でも使えて便利なのですが、「逆に言えばだれでも他の人の情報にアクセスできてしまう」という危険性があります。

そのため、フリーWi-Fiで通信している内容を三者に見られ、重要なデータやパスワードが流出したり、場合によってはハッキングされてしまう可能性があります

これを防ぐのが、通信するデータを暗号化してしまうという方法です。

 

ノートンセキュアVPNは通信するデータを仮想プライベートネットワークに変えて暗号化するため、フリーWi-Fi接続時でも安全にデータ通信ができるようにします

しかも銀行レベルの技術を採用して暗号化しているため、自宅にいるかのように安心してインターネットに接続できます。