Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

AERO15 OLED でゲームしてみた。4K設定でゲームは難しいかな・・・

こんにちは!

Thinkです。

 

先日、OLED(有機EL)を搭載しているノートPC。GIGABYTE製 AERO15 OLEDを購入しましたので、開封レビューしました。

 

 

www.think-diary.com

 


今回は、実際の使用感をレビューしたいと思います。

ちなみに購入後、メモリとSSDを交換してスペックアップしています。

 

 

①パーツ交換後のPCのスペック

 

OS Windows 10 Home
CPU 第9世代Intel® Core™ i7-9750H (2.6GHz-4.5GHz)
ディスプレイ 15.6"狹額縁Samsung UHD 3840x2160 AMOLEDノングレアディスプレイ
メモリ Samsung® 8GBDDR4 2666MHz,→32GB DDR4 2666MHz
チップセット Mobile Intel® HM370 Expressチップセット
グラフィックボード Intel® UHD Graphics 630
NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti GDDR6 6GB
NVIDIA® Optimus™テクノロジ対応
ストレージ intel 760p 2TB ×2
キーボード GIGABYTE Fusion RGB Per-Keyバックライトキーボード 日本語配列
接続ポート 3x USB 3.1 Gen1 (Type-A)
1x Thunderbolt™ 3 (USB Type-C)
1x HDMI 2.0
1x DP 1.4 & USB3.1 (USB Type-C)*
1x 3.5mm ヘッドホン / マイク コンボジャック
1x UHS-II SDカードリーダー
1x DC-INジャック
1x RJ-45(イーサネット端子)
搭載機器 2x 2Wスピーカー
マイク
Nahimic 3
Killer™ Ethernet E2600
Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (Powered by Intel)
Bluetooth: Bluetooth V5.0 + LE
HDカメラ(カメラカバー付き)
Firmware-based TPM, supports Intel® Platform Trust Technology (Intel® PTT)
リチウムポリマー 94.24Wh
ACアダプター 230W
寸法・重量 356(W) x 250(D) x 20(H) mm
2 kg

 

メモリを16GB×2=32GB

ストレージをintel 760p 2TB×2

に変更しました。(赤字部分)

 

 

②まずは初期化

ドライバが公開されているメーカのみになりますが、PCを買ったときはいつもPCの初期化を行っています(もしかすると私だけかもしれません)。

理由は余計なソフトが入っていたり、たまに動作がおかしかったりするからです。

SSDを交換したこともあり、今回もPCの初期化を行いました。

PCの初期化方法は後程記事にしますので、今は詳細な手順を書きませんが、大まかな流れとしては

マイクロソフトの公式サイトで再インストール用Windows10のデータが配布されている。

それを使用して再インストール用のUSBメモリを作成

PCにつなげて再インストール

となります。

PCの初期化を行うと、まっさらな状態となり、GPUドライバやチップセットドライバといった重要なプログラムがインストールされていない状態になります。

大抵、この状態でメーカサイトから、必要なドライバを1つずつダウンロード&インストールしていくのですが、GIGABYTEでは必要なドライバを一度に自動でインストールしてくれるソフトウェア「GIGABYTE Control Center」が公開されており、これを使用することで、PCがちゃんと使えるようになります。

f:id:Think_diary:20190915221141p:plain

GIGABYTE Control Center のSmart UtilitiesでUpdate Allを使うと自動インストールされる

 

③交換したSSDの性能

Intel 760pは、公称値でシーケンシャル読み込み速度が約3000MB/s、読み込み速度が1600MB/sとなっています。

ですが、今回搭載したSSDは読み込み速度が公称値を下回っていました。

原因は不明ですが、実際に2000MB/s出てれば十分だと思います。

Intelで公開しているSSD ToolBOXでも確認しましたが、特に機能に問題はないとのことでしたので、もしかするとAIによる制御が働いているのかもしれません。今後機会があれば調査したいと思います。

 

f:id:Think_diary:20190915221028p:plain

Cドライブのベンチマーク

f:id:Think_diary:20190915221057p:plain

Dドライブのベンチマーク

④ゲームではどのくらいの性能が出るのか?

ニーアオートマタとSEKIROでfpsと温度を計ってみました。

使用したソフトは、MSIさんが公開しているMSIアフターバーナーを使用しました。

jp.msi.com

ちなみに搭載されているOLEDディスプレイは、リフレッシュレートが60Hzまでしか対応していないため、60fpsまでしか出ません。

60fpsは快適にゲームができる数値です。約30fpsを下回ると動作にカクツキが表れて、快適にゲームができなくなります。

シューティングゲームをメインでやる方には不向きかもしれませんが、そこまで求めない方は60Hzのディスプレイで十分です。

 

f:id:Think_diary:20190915222018p:plain

ニーアオートマタ フルHD(1920×1080) 画質High設定

f:id:Think_diary:20190915222049p:plain

SEKIRO フルHD(1920×1080) 画質High設定

ニーアオートマタも、SEKIROどちらもフルHD画質High設定で60fps出ています。

すべてのシーンで計測したわけではないですが、RAM16GB以上積んでいればフルHD画質最高画質でのプレイは問題ないと思います。

また、CPUは90℃付近、GPUは80℃付近で一定となるようにチューニングされているようです。これ以上の負荷をかけると動作周波数が下がると思います。

筐体の熱ですが、キーボード内に吸気口があるため「少し暖かい程度」でした。

排熱口が4個所あることも含め、優秀な冷却性能だと思います。

 

⑤なぜフルHDで測定したのか?

 OLEDディスプレイは4K画質(3840×2160)まで表示できますが、今回はフルHD(1920×1080)で測定しました。

といいますのも、4K60fps最高画質でゲームをするには、現行最上位のGPU(RTX2080Ti)を搭載したデスクトップPCでないとできません。

OLEDの性能をすべて出し切れていないのは残念ですが、4K60fps最高画質でプレイするほどの性能を求める方は、ノートPCではなく上記GPUを搭載したデスクトップPCをご検討ください。

 

⑥まとめ

・PCを初期化しても、公式のソフトウェアでセットアップが楽にできる。

SSDの読み込み速度が何故か公称値以下である。(とはいえ、実使用は問題なし)

フルHD(1920×1080)設定では快適にゲームができる基準の60fpsが出せる。

・4K(3840×2160)設定では、快適にゲームができない。

フルHDでもOLEDの発色により、同じ解像度の液晶と比べて綺麗に見える。

・キーボード面からの吸気により、キーボードが熱くなりにくい。

 

 

⑦30000円引き

東京ゲームショウは終了しましたが、期間限定の30000円オフクーポンがまだ適用できるようです。そのため、通常は215784円ですが、クーポン適用で185784円で購入できます。 

 

2019/09/17追記

30000円引きクーポンは終了したようです。