Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【レビュー】AERO15 OLEDの初期化とゲームしてみた

こんにちは!

Thinkです。

 

AERO15 OLEDでどのくらいのゲームができるのか、調べてみました。

 

↓以下のリンクの商品になります。

 

 

開封レビューについては、以下のリンクにまとめておりますので、是非ご確認ください。 

www.think-diary.com

 


 

 

①パーツ交換後のPCのスペック


購入後、自前でパーツの交換を行っております。

交換した部分は以下に赤字で書いた通りです。 

 

OS Windows 10 Home
CPU 第9世代Intel® Core™ i7-9750H (2.6GHz-4.5GHz)
ディスプレイ 15.6"狹額縁Samsung UHD 3840x2160 AMOLEDノングレアディスプレイ
メモリ Samsung® 8GBDDR4 2666MHz,→32GB DDR4 2666MHz
チップセット Mobile Intel® HM370 Expressチップセット
グラフィックボード Intel® UHD Graphics 630
NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti GDDR6 6GB
NVIDIA® Optimus™テクノロジ対応
ストレージ intel 760p 2TB ×2
キーボード GIGABYTE Fusion RGB Per-Keyバックライトキーボード 日本語配列
接続ポート 3x USB 3.1 Gen1 (Type-A)
1x Thunderbolt™ 3 (USB Type-C)
1x HDMI 2.0
1x DP 1.4 & USB3.1 (USB Type-C)*
1x 3.5mm ヘッドホン / マイク コンボジャック
1x UHS-II SDカードリーダー
1x DC-INジャック
1x RJ-45(イーサネット端子)
搭載機器 2x 2Wスピーカー
マイク
Nahimic 3
Killer™ Ethernet E2600
Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (Powered by Intel)
Bluetooth: Bluetooth V5.0 + LE
HDカメラ(カメラカバー付き)
Firmware-based TPM, supports Intel® Platform Trust Technology (Intel® PTT)
リチウムポリマー 94.24Wh
ACアダプター 230W
寸法・重量 356(W) x 250(D) x 20(H) mm
2 kg

 

②ニーアオートマタとSEKIROをプレイしてみた


ニーアオートマタとSEKIROでfpsと温度を計ってみました。

fpsの計測には、MSIさんが公開しているMSIアフターバーナーを使用しました。

jp.msi.com

 

ちなみに搭載されているOLEDディスプレイは、リフレッシュレートが60Hzまでしか対応していないため、最大でも60fpsまでしか出ません。

 

ヘビーゲーマーにとっては物足りないかもしれませんが、一般的に60fpsは快適にゲームができる数値です。数値が高いほど快適にプレイでき、逆に約30fpsを下回ると動作にカクツキが表れて、快適にゲームができなくなります。

 

シューティングゲームをメインでやる方には物足りないかもしれませんが、そこまで求めない方は60Hzのディスプレイで十分です。

 

f:id:Think_diary:20190915222018p:plain

ニーアオートマタ フルHD(1920×1080) 画質High設定

f:id:Think_diary:20190915222049p:plain

SEKIRO フルHD(1920×1080) 画質High設定

ニーアオートマタも、SEKIROどちらもフルHD画質High設定で60fps出ています。

 

すべてのシーンで計測したわけではないですが、測定している間は特にカクツキはなく、快適にプレイできました。

 

メモリ16GB以上積んでいればフルHD画質最高画質でのプレイは問題ないと思います。

 

また、CPUは90℃付近、GPUは80℃付近で一定となるようにチューニングされているようです。これ以上の負荷をかけると動作周波数が下がると思います。

 

筐体の熱ですが、キーボード内に吸気口があるため「少し暖かい程度」でした。

排熱口が4個所あることも含め、優秀な冷却性能だと思います。

 

③なぜフルHDで測定したのか?

AERO15 OLEDディスプレイは4K画質(3840×2160)まで表示できますが、今回はフルHD(1920×1080)で測定しました。

 

といいますのも、4K60fps最高画質でゲームをするには、現行最上位のGPU(RTX2080Ti)を搭載したデスクトップPCでないとできません。

 

OLEDの性能をすべて生かしきれないのは残念ですが、4K60fps最高画質でプレイするほどの性能を求める方は、ノートPCではなく上記GPUを搭載したデスクトップPCをご検討ください。

 

④まとめ


フルHD(1920×1080)設定では60fps(快適にゲームができる基準)が出せる。

・4K(3840×2160)設定では、快適にゲームができない。

フルHDでもOLEDの発色により、同じ解像度の液晶と比べて綺麗に見える。

・キーボード面からの吸気により、キーボードが熱くなりにくく、快適にプレイできる。