Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

新型iPadは勉強・イラストを描くことに向いているのか? 現行iPad同士で比較してみた

こんにちは!

Thinkです。

 

今日(2019/09/12)の朝早くに、新しくiPhone11とiPad(第7世代)が発表されました。

個人的にはiPad Proが発表されるのを期待していましたが、残念ながら発表されませんでした。

 

www.apple.com

 

さて、この新型iPadですが、勉強やイラストを描くのに向いているのか、現行iPad同士で比較してみました

なお、あくまでも書くことについてのみ比較するため、CPUやGPUといった処理速度についてはあまり言及しません。

 

 

iPadの液晶性能比較

型式 iPad Pro iPad Air iPad mini 新型iPad
画面サイズ 11インチ 10.5インチ 7.9インチ 10.2インチ
最小構成価格(Wifiモデル) 89800円(64GB) 54800円(64GB) 45800円(64GB) 34800円(32GB)
画面仕様 Liquid Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ
解像度 2388×1668 2224×1668 2048×1536 2160×1620
1インチ当たりのピクセル 264ppi 264ppi 326ppi 264ppi
輝度 600ニト 500ニト 500ニト 500ニト
液晶の機能 耐指紋性撥油コーティング 耐指紋撥油コーティング 耐指紋性撥油コーティング 耐指紋撥油コーティング
広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイP3 広色域ディスプレイ(P3)  
True Toneディスプレイ TrueToneディスプレイ True Toneディスプレイ  
フルラミネーションディスプレイ フルラミネーションディスプレイ フルラミネーションディスプレイ  
反射防止コーティング 反射防止コーティング 反射防止コーティング  
1.8%の反射率 1.8%の反射率 1.8%の反射率  
ProMotionテクノロジー      
対応周辺機器 Apple Pencil(第2世代)に対応 Apple Pencil(第1世代)に対応 Apple Pencil(第1世代)に対応 Apple Pencil(第1世代)に対応
スマートカバーキーボードフォリオ対応 スマートカバーキーボード対応 なし スマートカバーキーボード

 

液晶の機能を見ると、新型iPadは、ほかのiPadと比べて機能が少ないことがわかります。

 

iPadで勉強・イラストを描くことに必要なこととは?

これまでの記事でも書いたことがありますが、iPadで勉強する上で重要なことを考えてみましょう。

 

  ①参考書とノートアプリを並べて表示できること

  ②Apple Pencilに対応していること

  ③画面サイズが広いこと(A4サイズに近い約10インチ以上が目安)

  ④書き心地がいいこと(ストレスなく書けること)

  ⑤発色が正確なこと(イラストを描く場合)

 

①については、iPadの性能というよりは、搭載するOSの機能に由来することなので、すべてのiPadで可能です。

 

②については、比較表を見ていただくとわかる通り、世代は違うものの、すべてApple Pencilに対応しています。

 

③については、iPad mini以外は問題ないです。

 

④については、具体的に書きますと、ペンが触れた瞬間にどれだけ早くiPadの液晶に反映されるかの問題になります。これは、iPad Proとそれ以外のiPadを比較するとiPad Proのほうが2倍速いです。

 

⑤については、新型iPad以外は色域が広いため、正確な発色があります。

 

なお、低反射防止や撥油コーティングについては、液晶保護フィルムを張ることで対応できるので、ここでは比較しません。

 

③最も勉強・イラストを描くことに向いているiPad Proですが、値段・・・・

最も勉強・イラストを描くことに向いているiPadiPad Pro一択です。

その理由は、「ProMotionテクノロジー」と「フルラミネーションディスプレイ」の存在です。

・ProMotionテクノロジーとは、液晶の1秒間に切り替える画像数が120枚であることを示しています。ほかのiPadは1秒間に60枚の切り替えスピードです。

これが速いほど、ペン先が画面に触れてから画面に反映されるまでの時間が速くなるため、滑らかに書くことができます。(紙に書くのと大差ないです)

・フルラミネーションディスプレイとは、液晶の表示面とそれを保護しているガラス面の隙間を小さくして、映像が液晶の表面に移っているような表示をするディスプレイになります。ペンで書くときに、狙った位置に文字を書くことができます。

 ですが、iPad Proはご覧の通り、高いです(笑)。

 

iPad Pro以外のiPadで比較すると?

ではほかのiPadと比較してみましょう。

といってもiPad miniは、画面サイズが小さいため比較対象から外します。

そのため、新型iPadiPad Airとの比較になります。

iPad AiriPad ProのようなProMotionテクノロジーを持っていませんが、フルラミネーションディスプレイはもっています。また、色域も広いです。

そして比較表には書いていませんが、搭載されているCPUがiPad AirはA12 Bionicチップ(iPhone XSシリーズに搭載されている物と一緒)なのに対し、新型iPadは2世代前のA10 Fusionチップです。

そのため、新型iPadは今後のOSアップデートで動作が重くなったり、サポート対象外になる可能性が高いです。

 

⑤まとめ

お金があるなら、iPad Pro一択です。

iPad Airと新型iPadで比較するならば、iPad Airをオススメします。

その理由は以下の通りです。

  1. iPad Airの方が高いように見えるが、容量当たりの金額はiPad Airの方が安い(32GB当たり→iPad Air:27400、新型iPad:34800
  2. iPad Airの方が新型iPadよりも27g軽い
  3. iPad Airに搭載されている液晶の性能が新型iPadよりも上 
  4. iPad Airに搭載されているCPUは、ほぼ最新のものだが、新型iPadには2世代前のCPUが搭載されているため、新型iPadは今後のOS更新によりサポート外となったり、動作が重くなる可能性がある(=新型iPadの方が速く使えなくなる可能性がある)

以上のことから、勉強やイラストをこれから始める方で、あまりお金をかけたくない方は、今回発表された新型iPadよりもiPad Airをオススメします。

ですが、一番ストレスなくきれいに書けるのはiPad Proです。

お金に余裕がある方は、ぜひご検討ください。