Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

Lifebook WU3/D2 レビュー ~PCを充電できるモバイルバッテリー~

こんにちは!

Thinkです。

 

前回、「Lifebook WU3/D2」のACアダプターを小型化する記事を書きました。

今回も引き続きこのPCを持ち運ぶときに便利なアイテムを紹介したいと思います。

 

 

①ACアダプター以外の充電方法

 

 これまでは、PCの充電方法は付属のACアダプターを使用することが主流でした。

また、前回の記事でも紹介したように、付属のACアダプターだけでなく市販のUSB PD対応でも充電することができます。

ですが、コンセントがないところでは充電ができません。

コンセントがないところで充電する方法として、モバイルバッテリーが思い浮かぶと思いますが、スマートフォンタブレットを充電することはできても、出力電圧の関係でノートPCは充電できないものが多いです。

今日は、ノートPCも充電できるモバイルバッテリーを紹介したいと思います。

 

②ノートPCが充電できるモバイルバッテリーとは?

簡潔に言いますと、USB PD出力対応のモバイルバッテリーのことです。

もちろん、ノートPC以外にもスマートフォンタブレットの充電もできます。

ただし、出力が高くないとノートPCの充電はできません。

 

今回紹介するのは、RAVPowerのRP-PB159です。

 

このモバイルバッテリーはUSB PD対応で、出力は最大で45Wです。

前回記事で書いた通り、Lifebook WU3/D2はUSB PDに対応していますが、45W以上の入力でないと充電されません。

そのため、このモバイルバッテリーで充電することができます。

もちろん、USB PD対応のほかのPCにも充電することができます。

 

③USB PD対応のモバイルバッテリーの大きさは?

f:id:Think_diary:20190905203310j:plain

モバイルバッテリー本体

f:id:Think_diary:20190905203337j:plain

Lifebook WU3/D2との比較

f:id:Think_diary:20190905203411j:plain

搭載端子と厚さの比較

 

 このモバイルバッテリーは、20100mAhと大容量であるため、ACアダプターはもとより、充電器よりも大きいです。

容量が少ないものの中では、もっと薄型のものもありますが、薄型のものはノートPCを充電できるほどの出力を出すことができません。

また、この大容量を生かしてスマートフォンタブレット、ノートPCを充電することができます。

一般的なスマートフォンであれば、2回以上充電できるようです。

 また、このような大容量モバイルバッテリーを充電するときは、出力が低いUSB充電器を使用すると、時間がかかりますが、前回紹介したような高出力のACアダプターを使用することにより、充電時間を短縮することができます。

④どのようなときに使うか?

コンセントが確保できないような場所で作業するときや、ノートPCをよく持ち出す方は、これが1台あれば安心できると思います。

また、停電時もケーブルさえあればさまざまな電子機器に充電することができます。

 

 

↓前回の記事

 

 

www.think-diary.com

www.think-diary.com