Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

レッツノートQV 仕様レビュー 高解像度でLTE対応だけど、中途半端なPC

こんにちは!

Thinkです。

 

先日、Panasonic製ノートPC「レッツノートQVシリーズ」が発表されました。

これはタブレットにもノートPCにもなる、いわゆる2in1PCと呼ばれるノートPCです。

panasonic.jp

私はすでに同じ2in1PCのLifebook WU3/D2を所有しており、何件か記事を投稿してきましたが、今回はレッツノートQVシリーズとLifebook WU3/D2を比較していきたいと思います。

  

↓Lifebook WU3/D2の過去記事

www.think-diary.com

 

 

 

レッツノートQVシリーズの特徴

  1. 厚さ約18.7mmで、約949gのコンパクトボディ
  2. 約360°回転式タブレットモード、アクティブペン対応
  3. クアッドコアCPU搭載
  4. 3:2の高精細ディスプレイ(解像度2880×1920)
  5. 充実のインターフェース 

 レッツノートQVシリーズの特徴を、公式サイトの記載を参考に箇条書きにしてみました。

外見は以下のような感じで、従来のレッツノートの形状をそのままに、指紋認証や高解像度液晶といった、最新の機能を搭載しています(画像は公式サイトより)

f:id:Think_diary:20190925200231p:plain

レッツノートQV

 

レッツノートQVとLifebook WU3/D2との性能比較

  レッツノート QV Lifebook WU3/D2
搭載OS Windows 10 Pro 64ビット Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-8565U Intel Core i5-8265U
メインメモリー 8GB LPDDR3 SDRAM(拡張スロットなし) 8GB (オンボード8GB) [デュアルチャネル対応]
フラッシュメモリードライブ フラッシュメモリードライブ(SSD)512GB(PCIe) 約128GB SSD (PCIe)→2TB SSDへ換装
表示方式 12.0型(3:2)WQXGA+ TFTカラー液晶 (2880×1920ドット)(静電容量式マルチタッチパネル、アンチリフレクション保護フィルム付き) 13.3型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 ノングレア液晶
無線LAN IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac 準拠(WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠)、Bluetooth v5.0 内蔵 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v5.0)
LTE ワイヤレスWANモジュール内蔵(LTE対応)  
LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠、Wakeup on LAN機能対応
インターフェース USB3.1 Type-Cポート(Thunderbolt™3、USB Power Delivery対応) USB3.1(Gen2)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-C×1
USB3.0 Type-Aポート×3(うち1つはスマホ充電対応を兼ねる) USB3.1(Gen1)Type-A×2
LANコネクター(RJ-45) ・LANコネクター(RJ-45)
HDMI出力端子(4K60p出力対応) HDMI出力×1
外部ディスプレイコネクター(アナログRGB ミニD-sub 15ピン)  
駆動時間 約10時間 駆動時間:20.5時間(JEITA2.0)
外形寸法(幅×奥行×高さ) 横273.0mm×奥行209.2mm×高さ18.7mm 横309mm×奥行214.8mm×高さ16.9mm
質量 979g 約989g

 

レッツノートQVとLifebook WU3/D2との性能比較結果

レッツノートの方が良いところ

  • RGB端子を搭載している
  • nanoSIMスロットがあり、LTE対応
  • 画面サイズは小さいが、解像度が高い
  • 軽い

 

Lifebook WU3/D2の方が良いところ

  • 画面サイズが大きい
  • バッテリー駆動時間が長い
  • 薄い
  • タッチペン内蔵

 

④総評

1.レッツノートらしく、RGB端子を搭載しているのは、まだRGB端子を使用している企業にとっては、とても助かる部分だと思います。

しかし、今の時代はHDMIないしはUSBType-Cによる映像出力(レッツノートQVは全部できますが)がメインになってきていますので、もうRGB端子を搭載しなくても良いではないかと思いました。

どのような用途にRGB端子を使用しているかは、各企業次第によると思いますが、レッツノートQVの価格を考えると、購入金額で最新の端子を搭載した機器と、別のノートPCを購入したほうがいいと思います。

 

2.高解像度タッチパネル液晶とLTEを搭載しているため、一見すると高性能ノートPCには見えますが、Lifebook WU3/D2と比べるとタッチペンを内蔵できず、バッテリー駆動時間が短いです。

特にこれまでのレッツノートは「レッツノートといえば、長時間バッテリー!」という宣伝をしてきたため、今回の10時間駆動はとても残念です。

3.レッツノートQVは価格が余裕の20万円超えのため、一般向けではないです。

つまり逆に考えると、Lifebook WU3/D2はLTE搭載モデルを出せば、簡単に勝ててしまいまうと思います。

 

Windowsタブレット全般に言えること

過去の記事でも書きましたが、私はこれまでWindowsタブレットiPadandroidタブレットを使用したことがあります。タッチパネルを使う作業で比較すると、iPad Proの方が断然快適です(ペンシルとの親和性も含め)。

 

それでも私がWindowsタブレットのLifebook WU3/D2を使っているのは、「ファイルとオフィスソフトの扱いやすさ」と「ペンを内蔵できる」部分が優れているからです。

逆に、iPad Proでこの部分を改善してしまえば、Windowsタブレットは勝てないと言っても過言ではありません。

 

昨日の夜にiPad OSが発表されました。概要やニュースを見る限り、PCに近い機能を搭載してきました。

オフィスの扱いやすさについて改善されたかはわかりませんが、少なくとも「ファイルの扱いやすさ」は改善されており、今後も改善が進むでしょう。

また、iPad Proでは既に「ペンを内蔵できる(マグネットでくっつける)」ことができてしまいます。

私はApple信者ではありませんが、Windowsタブレットを作る以上は

  • 携帯性が良く
  • 書き心地が良く
  • ファイル扱いが容易で
  • ペンをタブレットに取り付けれる

物でないと、iPad Proに勝てないと思います。