Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

Lifebook WU3/D2 レビュー  SSDの交換方法

こんにちは!

Thinkです。

 

これまで、「Lifebook WU3/D2」についていくつか記事を書いてきましたが、

 

読者さんから、SSDの交換方法についてお問い合わせを受けましたので、記事にしました。

このPCは裏蓋がツメで固定されておらず、ネジのみで固定されているため、ネジさえ外してしまえば容易にアクセスできるので、比較的簡単です。

ですが、PC内部にアクセスするため、下手すると故障する可能性があります。

あくまでも自己責任でお願いいたします

  

 

①準備するもの

  • 精密ドライバー(プラスドライバ、PH00とPH1)
  • 作業用のマット(可能であれば静電気除去タイプ)
  • クリップ(SIMピンでもOK)
  • 搭載したいSSD(m.2 2288 NVME、SATAどちらでも可、両面実装タイプ可)

  

②作業台の上にマットを敷く

 

f:id:Think_diary:20190924194136j:plain

作業用マット エムラクールが怖いですね

③マットの上にPCを置き、金属製の物に手を触れて体から静電気を除去する

その後、ノートPC裏面にあるボタンをクリップや針金を使用して5秒ほど長押しして、バッテリーの接続を切る。長押し後にPCの電源を入れて、起動しなければ成功

f:id:Think_diary:20190924200058p:plain

バッテリーオフボタンを長押し

④ノートPCに内蔵されているペンを外す

f:id:Think_diary:20190924200208p:plain

内蔵ペンを外す

⑤裏蓋のネジをすべて外す

この時は、PH1のドライバを使用する。

ネジを外したのち、裏蓋はツメで引っかかっていないためそのまま持ち上げる

f:id:Think_diary:20190924200332p:plain

裏蓋のネジの位置

SSDを搭載する位置を確認する

このPCにはSSDを裏返して搭載します。そのため、SSDの裏面が上を向きます。

SSDの両面に十分な隙間があるため、両面実装タイプのSSDでも搭載できます

SSDの固定に使用するネジは、PH00のドライバで締めます。

f:id:Think_diary:20190924201412p:plain

SSDの設置位置 切り欠きを合わせる

f:id:Think_diary:20190924201900p:plain

SSD設置完了

⑦裏蓋を付けて閉じる

ネジは、すべてのネジを8割がた締めた状態にしたのち、対角線上に徐々に締めていきましょう。

ネジを付け終わったらペンを挿入します。

 

⑧バッテリー接続の復帰

ACアダプターで充電すると、自動的にバッテリーが接続されます。

その後、電源ボタンを押して起動することと、BIOS上でSSDが認識されていることを確認しましょう。

以上でSSDの交換作業は終了です。

 

精密ドライバーは様々な種類が一つにまとまった物が売られています。また、PCによっては、裏蓋を開けるときに隙間に差し込まないと開かない物もあります。

PCの改造以外にも使う場面はあると思いますので、1台は持っていてもいいかもしれません。