Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

ThinkPad X1 Extreme を入れるケースを買ってみた

こんにちは!

Thinkです

 

今回は先日購入したThinkPad X1 Extreme(GEN1)を入れるPCケース「Inateck製の耐衝撃撥水加工ラップトップスリーブ」が届きましたので、レビューしたいと思います。

以下の記事の最後で購入したものになります。

 

www.think-diary.com

 

 

 

 

 

 

①なぜこのケースを買ったのか?

このケースは耐水機能を持ち持ち運び用の取っ手がついているため、当然ですが外出用バッグのようにこのケース単体で持ち運ぶことができます。

ですが、一般的な持ち運びバッグの取っ手は持ち運ばないときもそのままですが、このバッグは持ち運ばないときに取っ手が引っ込むため、インナーバッグとして使用しても取っ手が邪魔になりません。
上記のような両方の機能を持っていることに魅力を感じて購入しました。

f:id:Think_diary:20190923194257j:plain

持ち運び時の取っ手

f:id:Think_diary:20190923194327j:plain

通常時の取っ手

ThinkPad X1 Extremeを入れてみた

実際にThinkPad X1 Extremeとその周辺機器を入れてみました。

PC本体はちょうどいいサイズで入り、ACアダプターも薄型なため、サイドポケットへ問題なく入ります。

バッグの内側は緩衝材となっているため、ちゃんと保護してくれそうで持ち運び時に気を使わなくて済みそうです。

f:id:Think_diary:20190923194723j:plain

PCケースとのThinkPad X1 Extremeの比較

f:id:Think_diary:20190923194807j:plain

サイドポケットに周辺機器をいれた状態

③ついでにAERO15 OLEDも入れてみた

前回の記事で紹介した、GIGABYTE製のノートPCのAERO15 OLEDも、ThinkPad X1 Extremeと同様の15.6インチのノートPCなので入れてみました。

 

www.think-diary.com

 

f:id:Think_diary:20190923195041j:plain

PCケースとAERO15 OLEDの比較

こちらも問題なく入りました。

ですが、周辺機器をサイドポケットに入れるのは厳しい印象でした。

f:id:Think_diary:20190923195153j:plain

AERO15 OLEDの周辺機器をサイドポケットに入れてみた

なぜ厳しいかといいますと、ThinkPad X1 ExtremeとAERO15 OLEDではACアダプターの大きさが全然違うからです。

f:id:Think_diary:20190923195324j:plain

左:ThinkPad X1 ExtremeのACアダプター、右:AERO15 OLEDのACアダプター

見ての通り、二回りではなく三回り以上に大きく、厚さも全然違います

ThinkPad X1 ExtremeのACアダプターは130Wで、AERO15 OLEDのACアダプターは230Wなので、大きさが違うのは仕方ないのですが、ThinkPad X1 ExtremeのACアダプターは平べったい形状をしており、PCケースのサイドポケットに入れてもあまり膨らみません。

対してAERO15 OLEDのACアダプターは厚さもあるので、サイドポケットに入れると膨らんでしまい、下手するとPCに圧力がかかって壊れるてしまうのではないかと思ってしまうほどです。

 

④このPCバッグはどんなPCを入れるのに向いているのか?

PC自体の大きさはThinkPad X1 ExtremeでもAERO15でも問題ありませんでした。

サイドポケットに入れる周辺機器の大きさが問題でした。

そのため、消費電力が少ない15.6インチのノートPC(例えばLG製のグラムなど)であれば、周辺機器も含めてスマートに収まります。

 

⑤ノートPC以外にも使える!

また、ノートPCケースではありますが、ノートPC以外の物も入ります

例えばiPadのようなタブレットから、ノート・教科書類といった勉強道具のように、まとめて持ち運びたいときに重宝します。

 

⑥インナーバッグとして使う場合は?

インナーバッグとして使うときは、特にキャリーケースに入れるときに役に立ちます。

それはサイドポケットを活用すれば、周辺機器も一緒に入れることができる耐衝撃バッグですし、キャリーケースに入れるときに取っ手が邪魔になりません。

しかも、キャリーケースから取り出せばそのままバッグとして持ち運びできます。

 

⑦まとめ

良い点

  • 耐水性能があり、内側に緩衝材があるため、入れた物を保護してくれる
  • 具体的には薄型(厚さ2cm以下)のノートPCで、低消費電力CPUを搭載した物であれば、サイドポケットもフルに活用して周辺機器ごと持ち運ぶことができる
  • 取っ手は使わないときに小さくなるため、キャリーケース内のインナーバッグとして使うときに邪魔にならない→キャリーケースから出せばそのままバッグとして持ち運べる
  • ノートPC以外の物も入れることができるため、勉強道具やタブレットなどの周辺機器をまとめて持ち運べる

悪い点

  • たとえ厚さ2cm以下のノートPCでもACアダプターが大きい物はサイドポケットに入らない
  • 物を入れる口が片面にしかないため、入れた物によっては取り出しにくくなる時がある(ノートPCは問題なし)

薄型ノートPCを入れるのにちょうどいいバッグです。また、ノートPC以外の物でも使えるバッグで、インナーバッグにも、持ち運びようのバッグにもなります。

PCバッグで悩んでいる方は、ぜひ参考としていただけますとありがたいです。