Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

ThinkPad x1 Extreme(第一世代) 開封レビュー

こんにちは!

Thinkです。

 

今日は、ThinkPad X1 Extreme(第一世代)が安くなっていたため、知人に頼まれて購入しました。

ThinkPadシリーズは、先日のトラックポイントキーボードの記事でも書きましたが、耐久性が高く、メンテナンス性が良いノートPCになります。

 

 

www.think-diary.com

 

 

①購入したPCのスペック

CPU インテル Core i7-8750H プロセッサー (2.20GHz, 9MB)
OS  Windows 10 Home 64bit- 日本語版
画面 15.6型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit) 光沢なし
メモリ 8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti Max-Q (4GB GDDR5)
記憶装置  256GB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, NVMe) OPAL対応

 

今回は、知人が撮影した動画や画像を編集したいとのことで、軽量なノートPCを探していたので、第二世代モデルが出て安くなっていたThinkPad X1 Extreme(第一世代)を購入しました。

メモリとSSDが少ないようにも見えますが、メンテナンス性が高いPCなので、裏蓋を開けて増設することが可能なので、使用の感想を聞いてから考えようと思います。

なので、ほぼ最小構成で購入しました。(正直ついていなくてもいいですが・・・)

 

なお、CPUとGPUのスペックですが、CPUはゲーミングノートPCに搭載されることが多い物ですが、GPUはゲームにぎりぎり使えるかどうかといったところです。

初期セットアップを行った後、少し動画を見てみたのですが、残像感が強い液晶が搭載されておりました。おそらくバッテリー消費を抑えるためだと思います。

そのため、ゲームには向かないPCです。

 

開封してみた

外装箱ですが、とてもシンプルなデザインです。

ビジネス用PCだからでしょうか。

f:id:Think_diary:20190921194926j:plain

外装箱

 

同梱物ですが、紙3枚くらいで構成されたセットアップガイドが入っていました。

日本製のPCは詳細な手順が書かれたガイドが入っていますが、ThinkPadは昔からこのような感じです。

どちらかというと、PCの扱いに慣れている人向けの構成になっています。

f:id:Think_diary:20190921194955j:plain

PC本体と同梱物

f:id:Think_diary:20190921195557j:plain

ACアダプター 左がThinkPad、右が先日購入したAERO15 OLED

ACアダプターを比較してみました。

ThinkPadが135W(左)、右が先日購入したAERO15 OLED(230W)の物です。AERO15 OLEDの物の方が二回り以上大きく、重いです。

f:id:Think_diary:20190921195910j:plain

液晶は非光沢液晶です

f:id:Think_diary:20190921200012j:plain

右手側の端子類 SDカードスロット、USBポートが2つ

f:id:Think_diary:20190921200101j:plain

左手側の端子類 ACアダプター端子 USB TypeCが2つ HDMI出力 イヤホンジャック イーサネットコネクタ接続端子

さすがのThinkPadキーボードタッチが良好でした。また、トラックポイントもついていますので、先日の記事で書いたように、ホームポジションを崩さずに文章を作成することができます。

残念ながらイーサネットは、ケーブルを直接接続することはできず、変換アダプタを使用しなければ接続できません
ですが、無線LANだけで大丈夫な方は購入時に変換アダプタを「なし」にすれば3000円ほど安くなります。
USB TypeCからも充電可能ですが、同梱されているACアダプターが135W出力なのに対し、USB TypeCは仕様上100Wまでなので、低速充電器として認識されます。 

 

③起動してみた

 

f:id:Think_diary:20190921200624j:plain

BIOS画面 ThinkPadはメンテナンスするときにBIOSで内蔵バッテリーをオフにできる

f:id:Think_diary:20190921200740j:plain

裏蓋を開封したところ

ThinkPadはメンテナンス性を上げるために、BIOS上で内蔵バッテリーをオフにすることができます。

オフにしたのちに、裏蓋を開けてみました。

メモリスロット×2とSSDスロット(m.2 NVME)×2があり、どちらも1スロットずつ空いているので、増設可能です。

 

④まとめ~SSDを増設される方は要注意~

良い点

  • 15.6インチの大型液晶を搭載しながら、dGPUと高性能CPUを搭載している
  • 重量が1.7kgと、高性能CPUとdGPUを搭載している15.6インチノートPCとしては軽くて頑丈。
  • BIOSでバッテリーを無効化できたり、裏蓋を開けるのも簡単なので、メンテナンス性が高い
  • ACアダプターがスリムで軽い。
  • ThinkPadなので、タイピングしやすくトラックポイントがついている。

残念な点

  • PCの価格がゲーミングノートPCを買える値段(約16万円)だが、dGPUと液晶がゲームできるほど高性能ではない。これは軽量化と頑健性を重視した結果だと思うので、ゲームをしなければ問題はない。
  • SSDは「片面実装」のものしか搭載できない。大容量のSSDを搭載する場合、増設したいSSDが片面実装かよく確認する必要がある。
  • イーサネットが直接接続できない。

⑤持ち運び用のキャリーバックを注文しました。

下のリンクのメーカのキャリーバッグで、15.6インチ対応の物を注文しました。

これまで小さいバージョンのものを使っていましたが、取っ手がついており、持ち運び運びができるのですが、取っ手があまりはみ出ておらず、インナーバッグとしても使えるようになっていて便利です。