Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

AERO15 OLED 開封レビュー 黒が表示できるノートPC

こんにちは!

Thinkです。

 

今回は、OLED(有機EL)を搭載しているノートPC。GIGABYTE製 AERO15 OLEDを購入しましたので、レビューしました。

 

①購入したPCのスペック

公式サイトから抜粋しました。型式はAERO15 OLED SAになります

www.gigabyte.com

 

 

OS Windows 10 Home
CPU 第9世代Intel® Core™ i7-9750H (2.6GHz-4.5GHz)
ディスプレイ 15.6"狹額縁Samsung UHD 3840x2160 AMOLEDノングレアディスプレイ(*X-Rite™ Pantone®認証、出荷前に個別色校正)
メモリ Samsung® 8GBDDR4 2666MHz, 2スロット 最大 64GB)
チップセット Mobile Intel® HM370 Expressチップセット
グラフィックボード Intel® UHD Graphics 630
NVIDIA® GeForce® GTX 1660 Ti GDDR6 6GB
NVIDIA® Optimus™テクノロジ対応
ストレージ 2x M.2 SSDスロット (Type 2280, 1x NVMe PCIe & SATA/ 1x NVMe PCIeサポート)
キーボード GIGABYTE Fusion RGB Per-Keyバックライトキーボード 日本語配列
接続ポート 3x USB 3.1 Gen1 (Type-A)
1x Thunderbolt™ 3 (USB Type-C)
1x HDMI 2.0
1x DP 1.4 & USB3.1 (USB Type-C)*
1x 3.5mm ヘッドホン / マイク コンボジャック
1x UHS-II SDカードリーダー
1x DC-INジャック
1x RJ-45(イーサネット端子)
搭載機器 2x 2Wスピーカー
マイク
Nahimic 3
Killer™ Ethernet E2600
Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (Powered by Intel)
Bluetooth: Bluetooth V5.0 + LE
HDカメラ(カメラカバー付き)
Firmware-based TPM, supports Intel® Platform Trust Technology (Intel® PTT)
リチウムポリマー 94.24Wh
ACアダプター 230W
寸法・重量 356(W) x 250(D) x 20(H) mm
2 kg

いわゆる「ゲーミングノートPC」というジャンルに分類されるPCです。

ですが、ゲーム以外の用途、特に動画編集や画像編集に寄せた構成にしてあります。

 

 

②なぜこのPCを買ったのか?

・搭載しているディスプレイが4KのOLED

・重さが2kg、厚さ2cmの筐体にデスクトップPCクラスの性能を搭載

・狭額縁ディスプレイなので、15.6インチゲーミングノートPCにしてはコンパクト

・日本語キーボード搭載

・外出先でもデスクトップPCと同じレベルの作業をしたい

特に4KのOLEDが大きなポイントです。

また、個人的な理由にはなりますが、SSDとメモリが換装可能であることも購入した理由になります。

 

ここまで高スペックだと気になるのが価格ですが、通常は21万円台と高額です。

ですが、09/14現在Amazonで30000円オフクーポンが発生し、20万円を切ったため、増税前のことも考えて思い切って購入に踏み切りました。

 

開封レビュー

f:id:Think_diary:20190914211423j:plain

化粧箱

f:id:Think_diary:20190914211449j:plain

蓋を開けると、すぐにPCにアクセスできます。

f:id:Think_diary:20190914211532j:plain

ACアダプターや説明書は、PCの入っている台の下にありました。

f:id:Think_diary:20190914211621j:plain

本体と付属品です。ACアダプターが巨大です。

 

f:id:Think_diary:20190914211727j:plain

本体を開けたところ。光沢があり映り込みがあるのが難点です

f:id:Think_diary:20190914211820j:plain

キーボードです。日本語配列ですが、小さいキーがあります。

f:id:Think_diary:20190914211904j:plain

右側面の端子類

f:id:Think_diary:20190914211959j:plain

左側面の端子類

f:id:Think_diary:20190914212022j:plain

背面は排気口だけです。

f:id:Think_diary:20190914212101j:plain

裏蓋を開けてみました。メモリとSSDがそれぞれ1スロット空いています

f:id:Think_diary:20190914212223j:plain

メモリとSSDを増設しました。SSDについているのは伝熱シートです。

f:id:Think_diary:20190914212309j:plain

背景を「黒」にして暗闇で撮影しました。

④良い点と悪い点

 

良い点

  • 背景を「黒」にして、暗闇で撮影すると、ちゃんと「黒」になっていること(OLEDの特徴)。また、4Kなので細かい部分まで表示できる。

    ちなみに液晶だと、わずかながら白みがかった黒になります。

  • 日本語キーボードで変則的な配置がないこと。
  • 左右と背面に排気口があるため、冷却性能が高い

    まだゲームはしていませんが、一般的な薄型ノートPCだと熱くなるような作業を行っても、熱くなるようなことはありませんでした。適切な排熱が行われているようでした。

 

悪い点

  • 指紋が付きやすい
  • ACアダプターが大きくで重い(ゲーミングノートPCの宿命)
  • ACアダプターの接続場所が排気口の近くにあるので、排熱の邪魔にならないか心配。

⑤まとめ

まだ本格的に使用していませんが、18万円でOLEDを搭載したノートPCとしてはコストパフォーマンスが良いと思います。

OLEDで見る動画、画像は黒が深く表示されるため、息を呑むような美しさです。

また、従来モデルは英語キーボードのみ(たまに日本語も売ってましたが)の販売でしたが、日本語キーボード搭載モデルが発売されたため、日本人が購入する敷居が低くなりました。

 

⑥どんな人に向いているか

「動画・画像編集、ゲームができるレベルのデスクトップPCが欲しいけど、設置する場所がない方」や、「デスクトップPCクラスの性能を持ったPCを持ち運びたい方」にオススメできるPCです。

前に紹介した「LifeBook WU3/D2」の方が、半分以下の重量で厚さも5mmほど薄いため、もちろん持ち運ぶPCとしては適しています。

しかし、あくまでもネットサーフィンや文書作成しか行えないスペックなので、デスクトップPCクラスの性能を持ち運びたい方はこちらのPCをお勧めします。

また、デスクトップPCは外付けのディスプレイを使用しますが、4KのOLEDを搭載した外付けディスプレイはほとんどありません。

このノートPCは、デフォルトで4KのOLEDディスプレイを搭載していますので、使い方によっては「デスクトップPC以上の性能」を発揮するかもしれません。

東京ゲームショウ開催中はクーポンで30000円引き

いま東京ゲームショウが開催されているため、期間限定の30000円オフクーポンが適用できるようです。そのため、通常は215784円ですが、クーポン適用で185784円で購入できます。 

 

2019/09/17追記

30000円引きクーポンは終了したようです。