Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

Lifebook WU3/D2 レビュー ~ACアダプターを小型化してみる~

こんにちは!

Thinkです。

 

前回、「Lifebook WU3/D2」を使った勉強方法について記事を書きました。

今回はこのPCを持ち運ぶときに便利なアイテムを紹介したいと思います。

 

 

①購入したLifebook WU3/D2のスペック(おさらい)

  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • CPU:Intel Core i5-8265U (4コア/8スレッド/1.60~3.90GHz)
  • メモリ:8GB (オンボード8GB) [デュアルチャネル対応]
  • ストレージ:約128GB SSD (PCIe)
  • ディスプレイ:13.3型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 ノングレア液晶
  • カメラ:フルHD Webカメラ (有効画素数 約207万画素) Windows Hello対応(フロント) + Webカメラ (有効画素数 約500万画素)(リア)
  • 無線通信:内蔵 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v5.0)
  • バッテリ:内蔵バッテリー リチウムイオン 50Wh
  • 拡張I/F:HDMI出力×1、USB3.1(Gen2)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-A×2
  • カラー:ピクトブラック
  • キーボード:日本語配列かな表記ありキーボード
  • 主な添付品:小型ACアダプタ、専用スタイラスペン
  • 駆動時間:20.5時間(JEITA2.0)
  • サイズ:横309×奥行214.8×高さ16.9mm
  • 質量 約989g

ここで注目してほしいのが、拡張I/F(インターフェース)の部分です

公式サイトでさらに詳細を確認してみると、以下のように記載がありました。

USB3.1(Gen2)Type-C×1(左側面奥(USB Power Delivery対応(注17)、DisplayPort Alt Mode対応)

英語と専門用語ばかりで、「なんのこっちゃい」と思うかもしれませんが、左側面奥側のUSB Type-C端子は、USB Power Delivery(略称:USB PD)に対応しているということがわかります。

②USB PDとは?

簡潔に書きますと、充電に使用できるUSB Type-Cのことです(ただし45W以上の場合に限ります)。

そのため、このPCを購入したときについてきたACアダプターだけでなく、USB Type-C経由で充電することができます

また、今回は詳細を書きませんが、DisplayPort Alt Modeにも対応しているため、充電と映像出力を同時に行うことができます。

 

 

③USB PDを利用するとどのような利点があるのか?

これまでのノートPCは以下の写真のように、ノートPC本体に加え、ACアダプター、場合によってはマウスを持ち運ぶ必要がありました。

f:id:Think_diary:20190904193850j:plain

ノートPC本体+ACアダプター

このPCは前回も説明した通り、軽量なPCでタブレット作業も可能なことがメリットです。

ですが、ACアダプターが大きいため、持ち運ぶときにかさばりの原因になります。

そのためUSB PDに対応したACアダプターに置き換えることで、持ち運びやすくなります。

 

 

④USB PD対応の充電器の大きさは?

USB PD対応のACアダプターは様々なメーカから発売されていますが、最近は「窒化ガリウム」という素材を使用したACアダプターが出てきました。

この半導体の材料として窒化ガリウムを使用することで、通電時の発熱が少なくなり(変換効率が高い)、ACアダプターを小型化することができるそうです。

今回紹介するACアダプタは、RAVPowerさんから発売されている「RP-PC104」です。

 

このACアダプタの大きさは以下の写真のようにとてもコンパクトな商品です。

f:id:Think_diary:20190904194913j:plain

PC本体+RAVPower+USB Type-Cケーブル

f:id:Think_diary:20190904195422j:plain

ACアダプターにコンセントが内蔵されています(折り畳み収納)

 

③に掲載した写真と比較すると以下の点がわかると思います。

  • ACアダプターについているケーブルを取り外せる。
  • ACアダプターにコンセントが内蔵されているため、コンセント部のケーブルが不要となる。
  • ACアダプターが薄いため、PCバッグ内でかさばらない

なお、ACアダプター自体が薄いだけでなく、筐体自体がコンパクトです。

 

f:id:Think_diary:20190904195637j:plain

ポケットティシュよりも小さい

 

 

⑤まとめ

今回はLifebook WU3/D2を持ち運ぶときに便利なACアダプターを紹介しました。

特にLifebook WU3/D2はタブレットとしての機能もあるため、できるだけ持ち物を減らしたいときに重宝すると思います。

また、PCだけでなくUSB Type-Cを搭載しているタブレットスマートフォンも充電することができますので、使用の幅は広いです。

 ただ、このACアダプターを使用するときに注意しなければならないことがあります。

それは、ACアダプターが横に広いため、隣のコンセントに干渉する恐れがあることです。

また、USB Type-CケーブルもUSB PD対応のものを用意する必要があります

USB Type-Cについてはさまざまな転送規格が混在し、今後主流になる端子にですので、そのうちまとめ記事を書きたいと思います。

 

 

↓前回の記事

 

 

www.think-diary.com