Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【商品紹介】Lifebook WU3/D2 で使える小型ACアダプター

こんにちは!

Thinkです。

 

過去の記事でLifebook WU3/D2を使った勉強方法について紹介しましたが、今回はこのパソコンを持ち運ぶときに便利なアイテムを紹介したいと思います。

 

↓過去記事は以下のリンクになります 

www.think-diary.com

  

 

↓Lifebook WU3/D2は以下のリンクから購入できます。

富士通 FMV LIFEBOOK UH

 

 

①購入したLifebook WU3/D2のスペック(おさらい)


  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • CPU:Intel Core i5-8265U (4コア/8スレッド/1.60~3.90GHz)
  • メモリ:8GB (オンボード8GB) [デュアルチャネル対応]
  • ストレージ:約128GB SSD (PCIe)
  • ディスプレイ:13.3型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 ノングレア液晶
  • カメラ:フルHD Webカメラ (有効画素数 約207万画素) Windows Hello対応(フロント) + Webカメラ (有効画素数 約500万画素)(リア)
  • 無線通信:内蔵 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v5.0)
  • バッテリ:内蔵バッテリー リチウムイオン 50Wh
  • 拡張I/F:HDMI出力×1、USB3.1(Gen2)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-A×2
  • カラー:ピクトブラック
  • キーボード:日本語配列かな表記ありキーボード
  • 主な添付品:小型ACアダプタ、専用スタイラスペン
  • 駆動時間:20.5時間(JEITA2.0)
  • サイズ:横309×奥行214.8×高さ16.9mm
  • 質量 約989g

ここで注目してほしいのが、拡張I/F(インターフェース)の部分です

 

公式サイトでさらに詳細を確認してみると、以下のように記載がありました。

USB3.1(Gen2)Type-C×1(左側面奥(USB Power Delivery対応(注17)、DisplayPort Alt Mode対応)

 

英語と専門用語ばかりでわかりにくいですが、左側面奥側のUSB Type-C端子は、USB Power Delivery(略称:USB PD)に対応しているということがわかります。

f:id:Think_diary:20200217210942j:plain

 

②USB PDとは?


簡潔に書きますと、充電に使用できるUSB Type-Cのことです(ただしACアダプターの出力が45W以上の場合に限ります)。

 

そのため、このパソコン付属のACアダプターだけでなく、市販のACアダプターにUSB Type-Cケーブルを接続する事でも充電可能です。

 

また、今回は詳細を書きませんがこのパソコンのUSB Type-CはDisplayPort Alt Modeにも対応しているため、充電と映像出力を同時に行うことができます。

 

③USB PDを利用するとどのような利点があるのか?


通常、ノートパソコンを持ち運ぶときは以下の写真のように

  • ノートパソコン本体
  • ACアダプター
  • コンセントプラグケーブル

を持ち運ぶ必要がありました。

f:id:Think_diary:20190904193850j:plain

ノートPC本体+ACアダプター

このパソコンは前回も説明した通り、軽量なPCでタブレット作業も可能なことがメリットです。

 

ですが、残念な点としてACアダプターが大きくケーブルも長いため、重量も重くなりますし、カバンに入れたときにかさばる可能性もあります。

 

つまり、このACアダプターをさらにコンパクトなACアダプターに置き換えることができれば、もっと快適に持ち運ぶ事ができます。

 

今回紹介する商品は、このACアダプターの代わりになるUSB PD対応の充電器で、RAVPowerさんから発売されている「RP-PC104」です。

  

↓以下のリンクの商品になります。

 

④このUSB PD対応の充電器の大きさは?


USB PD対応のACアダプターは様々なメーカから発売されていますが、最近は「窒化ガリウム」という素材を使用したACアダプターが出てきました。

 

これは半導体の材料として窒化ガリウムを使用することで、通電時の発熱が少なくなり(変換効率が高い)、ACアダプターを小型化することができるそうです。

 

このACアダプターにも窒化ガリウムが採用されており、45W出力という付属のACアダプターと同じ出力を持ちながら、ポケットティッシュよりもコンパクトという特徴があります。

f:id:Think_diary:20190904194913j:plain

PC本体+RAVPower+USB Type-Cケーブル

f:id:Think_diary:20190904195422j:plain

ACアダプターにコンセントが内蔵されています(折り畳み収納)

 

 

f:id:Think_diary:20190904195637j:plain

ポケットティシュよりも小さい

 

さらに、このACアダプターには以下のような利点があります

✅ACアダプターと充電ケーブルを取り外せる

✅ACアダプターにコンセントプラグが内蔵されているため、コンセント側のケーブルが不要となり、荷物が減る

✅ACアダプター自体が薄いため、バッグの中でかさばらない

 

f:id:Think_diary:20200206205127j:plain

 

⑤まとめ


今回はLifebook WU3/D2を運ぶときのアイテムとして、小型ACアダプターを紹介しました。

 

Lifebook WU3/D2はコンパクトで軽量なPCですし、さらにタブレットとしての機能もあるため、持ち物を減らすことで、さらに快適に使用できます。

 

また、このパソコンだけでなくタブレットスマートフォンのようにUSB PDに対応したUSB Type-C端子を搭載している機器も充電できますので、汎用性が高いです。

 

ただし、このACアダプターを使用するとき以下の点に注意が必要です。

横に広いため、隣のコンセントに干渉する恐れがある。

USB Type-CケーブルもUSB PD対応のものを用意する必要がある。

 

USB PD対応のUSB Type-Cケーブルについては、L字型の物を使用すると便利です。

以下の記事にまとめてありますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

 

↓L字型USB Type-Cケーブルの紹介

www.think-diary.com