Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

環境計量士(濃度) 国家試験 ~化学の勉強方法~

こんにちは!

Thinkです。

 

これまで、環境計量士の問題の解き方について記事を書いてきましたが、これらの記事を読むうえで必要な知識として、高校レベルの化学知識がある前提で書いてきました。

今回は、高校レベルの化学知識をどのように勉強したらいいのか、書いてみました。

 

①どのような化学知識が必要か?

前の記事にも書きましたが、基礎化学はもちろんのこと、大学入試レベルの化学知識は必要です。

ですが、いきなり大学入試レベルの化学を勉強しても、難しくて覚えることができません。化学に限った話ではないですが、基礎が大事です。

また、近年は化学の雑学的な知識が必要な問題も出題されるようになってきました。

そのため、ただ単語や反応式を覚えるだけでなく、その単語や反応式に関係するコラムが記載されていれば、その部分も一緒に覚えたほうが良いです。

 

前年の問題を例に挙げますと、人物名とその人が成し遂げた偉業について正しい組み合わせを選ぶ問題が出題されました。

 

②勉強するために必要な情報をどうやって入手するか?

大学入試レベルの化学と基礎化学が両方記載された参考書がちょうどいいです。

私は以下のリンクの参考書を購入しました。

 

③なぜこの本がオススメなのか?

  • 化学図録のように、カラー写真や反応の図解が豊富で、頭の中にイメージを取り込みやすい。
  • 化学の基礎の基礎である、化学の歴史の部分から応用まで解説されている。
  • 大学入試だけでなく、コラムとして大学で習うレベルの化学の情報も含まれている。
  • 分析化学についても、触れられている。

 

 

④すでにある程度の化学知識を持つ人は?

③でも書いたように、この本は基礎から応用まで幅広く解説されています。

基礎化学を勉強する上ではこの本を中心に勉強されると思いますが、ある程度化学知識がある方は環境計量士の過去問を解くときに、辞書のように使うこともできると思います。

また、抜けている知識の補完にも役立つと思います。

 

⑤特にどのような内容が重要か?

すべての部分を勉強するに越したことはないのですが、最低限以下の内容を理解することを推奨します。

化学の歴史や、高分子化学については、時間があるときでよいと思います。

出題数は少ないので、優先度は低いです。

  • 原子や分子の構造を理解すること
  • 原子や化合物や溶液の性質を理解すること
  • 化学反応式が書けること
  • 酸、塩基、中和について理解すること
  • 金属のイオン化傾向を理解すること(特に電気分解、電池)
  • 物質の状態と化学平衡について理解すること
  • 熱化学方程式について理解すること(特に+、-と発熱、吸熱の関係性)
  • 光が化合物に与える影響を理解すること(特に光の吸収)
  • 電離定数とそれを活用したpHの求め方を理解すること
  • 有機化学について反応と、反応理由(反応機構)を理解すること

これらの内容を理解できれば、環境計量士の環化は合格点まで解けると思います。

また、環濃についても、これらの内容に基づく推理により、比較的点数が取れると思います。

 

12月の試験に向けて、そろそろ勉強を開始する人が増えてくる時期だと思います。

勉強の参考となればうれしいです。