Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【商品紹介】Lifebook WU3/D2 で使える小型ACアダプター

こんにちは!

Thinkです(Twitterアカウント👉https://twitter.com/Think_blog_2019)

  

今回はLifebook WU3/D2を持ち運ぶときに便利なアイテムを紹介します。

 

Lifebook WU3/D2はコンパクトで軽量なモバイルノートパソコンですが、付属のACアダプターが大きい上に、コンセントプラグも持ち運ぶ必要があるため、荷物がかさばってしまいます。

 

また、モバイルノートパソコンですので、持ち運ぶ機会が多いかたが購入されるかと思います。

 

持ち運ぶとき、普段の作業場所用のACアダプターと持ち運び用のACアダプターをそれぞれ用意したほうが、外出の時にいちいちACアダプターを外す必要がありませんし、忘れるリスクも減ります。

 

今回はこういった用途に向いているACアダプターを紹介いたします。

 

 

①Lifebook WU3/D2の仕様


<OS>

Windows 10 Home 64ビット版

 

<CPU>

Intel Core i5-8265U (4コア/8スレッド/1.60~3.90GHz)

 

<メモリ>

8GB (オンボード8GB) [デュアルチャネル対応]

 

<記憶装置>

128GB SSD (PCIe)

 

<ディスプレイ>

13.3型ワイド フルHD(1920×1080) タッチ対応 ノングレア液晶

 

<カメラ>

フルHD Webカメラ (有効画素数 約207万画素) Windows Hello対応(フロント) + Webカメラ (有効画素数 約500万画素)(リア)

 

<無線通信>

IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠+Bluetooth v5.0

 

<バッテリー>

内蔵バッテリー リチウムイオン 50Wh

 

<インターフェース>

HDMI出力×1、USB3.1(Gen2)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-A×2

 

<駆動時間>

20.5時間(JEITA2.0)

 

<サイズ>

横309×奥行214.8×高さ16.9mm

 

<重量>

約989g

 

ここで注目してほしいのが、インターフェースの部分です。

 

公式サイトでさらに詳細を確認してみると、以下のように記載がありました。

USB3.1(Gen2)Type-C×1(左側面奥(USB Power Delivery対応(注17)、DisplayPort Alt Mode対応)

 

英語と専門用語ばかりでわかりにくいですが、左側面奥側のUSB Type-C端子は、USB Power Delivery(略称:USB PD)に対応しているということがわかります。

 

つまり、市販のUSB PD対応充電器が使える可能性があるのです。

f:id:Think_diary:20200217210942j:plain

 

②USB PDとは?


簡潔に書きますと、充電に使用できるUSB Type-Cのことです(ただしACアダプターの出力が45W以上の場合に限ります)。

 

つまり、このパソコン付属のACアダプターだけでなく、市販のUSB PD対応充電器にUSB Type-Cケーブルを接続する事でも充電可能です。

 

また、このパソコンのUSB Type-Cは映像出力機能の「DisplayPort Alt Mode」にも対応しているため、外付けのディスプレイにケーブル1本で接続するだけで、充電と映像出力を同時に行うことができます。

 

以下のリンクのようなディスプレイがこの機能を有しています。

ただ、たまに相性が悪くて片方の機能しかできないこともありますので、確実な動作を保証するものではないです。

 

 ☟USB PD対応ディスプレイの商品リンク (DELL U2720Q)

 

③USB PDを利用するとどのような利点があるのか?


通常、ノートパソコンを持ち運ぶときは以下の写真のように

  • ノートパソコン本体
  • ACアダプター
  • コンセントプラグケーブル

を持ち運ぶ必要がありました。

f:id:Think_diary:20190904193850j:plain

ノートPC本体+ACアダプター

このパソコンの良い点は軽量・コンパクトなPCで持ち運びやすい上に、タブレット作業も可能なことです。

 

ですが、残念な点としてACアダプターが大きくケーブルも長いため、重量も重くなりますし、カバンに入れたときにかさばる可能性もあります。

 

つまり、このACアダプターをさらにコンパクトなACアダプターに置き換えることができれば、もっと快適に持ち運ぶ事ができます。

 

今回紹介する商品は、このACアダプターの代わりになるUSB PD対応の充電器で、RAVPowerさんから発売されている「RP-PC104」です。

 

<2021年7月19日追記> 

なんと、RAVPowerさんのストアがAmazonで削除されてしまい、購入できなくなりました。

Ankerさんより、同じ出力でさらに小型のACアダプターが発売されていますので、こちらをご検討いただければと思います。

 

この商品のレビュー記事のリンクも掲載いたしますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。
www.think-diary.com

 

④このUSB PD充電器の大きさは?


USB PD充電器は様々なメーカから発売されていますが、最近は「窒化ガリウム」という材料を使用したACアダプターが出てきました。

 

これは半導体の材料として窒化ガリウムを使用することで、通電時の発熱が少なくなり(変換効率が高い)、ACアダプターを小型化することができるそうです。

 

このACアダプターにも窒化ガリウムが採用されており、富士通純正のACアダプターと同じ出力を持ちながら、ポケットティッシュよりもコンパクトという特徴があります。

 

また、コンセントプラグが折り畳み式で内蔵されているので、別途コンセントケーブルを持ち運ぶ必要がありません。

f:id:Think_diary:20190904194913j:plain

PC本体+RAVPower+USB Type-Cケーブル

f:id:Think_diary:20190904195422j:plain

ACアダプターにコンセントが内蔵されています(折り畳み収納)

f:id:Think_diary:20190904195637j:plain

ポケットティシュよりも小さい

 

まとめますと、このUSB PD充電器には以下のような利点があります

ACアダプターと充電ケーブルを取り外せる

ACアダプター自体が薄いため、バッグの中でかさばらない

コンセントプラグ内蔵なので、コンセントケーブルを持ち運ぶ必要がない

 

f:id:Think_diary:20200206205127j:plain

 

⑤まとめ


今回はLifebook WU3/D2を運ぶときのアイテムとして、USB PD充電器を紹介しました。

 

Lifebook WU3/D2はコンパクトで軽量なPCですし、さらにタブレットとしての機能もあるため、持ち物を減らすことで、さらに快適に使用できます。

 

また、このパソコンだけでなくタブレットスマートフォンのようにUSB PDに対応したUSB Type-C端子を搭載している機器にも使用できますので、汎用性が高いです。

 

ただし、このUSB PD充電器を使用するとき以下の点に注意が必要です。

横に広いため、隣のコンセントに干渉する恐れがある。

USB Type-CケーブルもUSB PD対応のものを用意する必要がある。

 

USB PD対応のUSB Type-Cケーブルについては、L字型の物を使用すると便利です。

理由を以下の記事にまとめてありますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。☟

 

☟L字型USB Type-Cケーブルの紹介

www.think-diary.com

 

☟Lifebook WU3/D2は以下のリンクから購入できます。

(公式サイト直販がWUシリーズで、量販店はUHシリーズとなっています)