Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【初心者向け】食虫植物の栽培方法を調べる方法

こんにちは!

Thinkです(Twitterアカウント👉https://twitter.com/Think_blog_2019)

 

今回は、食虫植物を栽培してみたい方のために、栽培方法の調べ方を記事にしました。

 

ホームセンターで販売されている品種を購入して、食虫植物に興味を持ち、他の食虫植物を育ててみたくなるかと思います。

 

特にモウセンゴケウツボカズラの仲間は種類が豊富で、モウセンゴケの仲間は世界各地に生息していますし、ウツボカズラの仲間はボルネオやオーストラリアなどの熱帯地域に生息しています。

 

そして、海抜0mの地域に生息している種類もあれば、海抜3000mの高山に生息している種類まで、様々です。

たとえばモウセンゴケの仲間でも海抜0mに生息している種類であれば、気温が30℃付近の環境に生息していますが、海抜3000mに生息している種類の場合は、対流圏内であれば、標高が上がると気温が下がることから、気温が12℃くらいの場所に生息しています。

 

この場合、モウセンゴケの仲間ではありますが、海抜0mのところに生息している種類を、海抜3000mの温度で育てると、寒すぎて枯れます。

逆に海抜3000mの環境に生息している種類を海抜0mの温度で育てると、暑すぎて枯れます。

 

食虫植物に限った話ではありませんが、もともとの生息地に環境を合わせないと、枯れてしまいます。

 

人工的に環境を作ることはできますが、育てるには生息域の環境を知る必要があります。

 

 

①まずは専門書を見る


専門書というと、難しい本のように聞こえますが、一般向けの図鑑として販売されている物です。

 

初めて食虫植物を育てる方、もしくは今まで育ててきたけど、もっと情報が知りたい方は、是非購入して読んでみてください。

 

生息地別に、大まかな種類について、栽培方法が載っています。

ただ、個々の食虫植物の栽培方法については載っていませんので、より詳しく栽培テクニックを知りたい方には物足りないかと思います。

(各品種1つ1つの栽培方法を書いていたら、辞典並みの厚さになりますからね・・・)

  

👇世界の食虫植物図鑑(商品リンク)

 

 👇ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック(商品リンク)

  

②専門店に聞く


一番手っ取り早いのが、専門店に聞くことです。

インターネットが発展するよりも前は、趣味家同士で集まる集会で情報交換していましたが、今はインターネット、SNSが発展していますので直接専門店に聞くことができます。

 

山田食虫植物農園さんとヒーローズピッチャープラントさんが、Twitterで発信されておりますので、ダイレクトメッセージやメール等で栽培環境を聞いてみるといろいろ教えていただくことができます。

 

多数の品種を栽培されている方なので、それぞれの栽培環境を熟知されております。

ついでに在庫があれば購入することもできますので、是非相談してみてください。

 

ただ、専門用語が多いので、本当の初心者の方にはあまりオススメできません。

 

twitter.com

 

twitter.com

 

③自分で調べる


 特にウツボカズラは「熱帯の植物」というイメージが定着してしまっていて、「蒸し暑いところで育てればいい」と思いがちですが、種類によっては低温の環境を用意しないと育てれないものもあります。

 

なので、特にウツボカズラを育てたいと考えている方は、自分の育てるウツボカズラは、どのような環境に自生しているのかを確認するのがいちばんです。

 

英語のサイトですが、どのウツボカズラがどの標高に自生しているのか。

また、標高毎に昼間と夜間の気温のデータが記載されていますので、是非参考にしてもらえればと思います。

  

👇ウツボカズラの自生地情報

www.carnivorousplants.co.uk

 

④気軽に聞きたい場合はどうするか?


専門店の方に聞こうとしても、何を聞けばいいかわからなかったり、もしくは聞いても専門用語がわからなかったりすることがあるかと思います。

 

その時は、LINEオープンチャットで「食虫植物友の会」が開設されていますので、こちらをご利用ください。

 

よほど特殊な品種でなければ何か答えを得ることができるかと思います。

 

良い食虫植物ライフを!

 

👇食虫植物友の会の管理者

www.youtube.com