Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【初心者向け】食虫植物を購入する前に確認すること

こんにちは!

Thinkです(Twitterアカウント👉https://twitter.com/Think_blog_2019)

 

地域によって時期がずれますが、だいたい春先から初夏にかけて、ホームセンターの園芸コーナーに食虫植物が並びます。

 

その奇妙な形に惹かれ、夏休みの自由研究など、 育て始める方もいらっしゃるかと思います。

 

せっかく購入したので、どうせなら長期間育ててみたいですよね?

  

初めて食虫植物を購入する方、あるいは購入した方のために注意すべきことを記事にしました。

 

これから食虫植物を育ててみたいと思っている方は是非参考にしてもらえればと思います。

  

 

①日光は当たるか?


 

食虫植物と聞くと、「虫を食べれば生きていける」と考えがちですが、実は虫よりも必要なものがあります。

 

それは「」です。

 

食虫植物は、光で光合成して生きていますので、まずは光が必要になります。

人間でいえば食事に該当します。

 

食事なので、光が無くなると死んでしまいますし、逆に光だけでも生きていけます。

 

では、食虫植物が虫を食べることは何に該当するのでしょうか?

虫は人間でいうとサプリメントに該当します。

 

無くても別にいいけど、摂取すればなお良い

といった具合です。

 

ただ、ハエトリソウのように、「食べるときに葉が動く」のには大きなエネルギーが必要で、葉っぱが沢山動くとエネルギーが無くなって枯れてしまいます。

 

人間でいえば、ビタミン剤を飲むためにフルマラソン(42.195km)を走っているようなものです。

そこまでして虫を食べるようになったのは、食虫植物が生きている地域は土の中に栄養が少ないため、虫を食べたほうがより成長しやすかったという説もあります(諸説あります)。

 

なので、ホームセンターや植物園でハエトリソウを見かけても「絶対に触らないでください」。

植物が弱るのももちろんですが、お店の物を意図的に枯らした(=壊した)と判断されて、裁判沙汰になる可能性もあります。

 

もし触りたい場合は、購入して自分の所有物になってから触ってください。

 

②水をあげる・捨てることはできるか?


食虫植物は、湿地や川のそば、あるいは雨が多い場所に生息していますので、育てるのには水を必要としますし、乾燥に弱いです。

 

なので、頻繁に水やりが必要になりますし、場合によっては鉢植えの下を常時水に浸しておく「腰水」もします。

 

ですが、気温や湿度が高くなると、水が腐敗してきますので交換する必要があります。

 

水やりと水の交換が効率良く行えるように、食虫植物を育てるときは水回りの設備が整った場所が近くにあると良いです。

 

③農薬は使えるか?


食虫植物も植物ですので、病気になりますし害虫が取り付く事もあります。

ハエやハチのように、甘い匂いに誘われる虫であれば、食虫植物が食べることができますけど、アブラムシのような植物自体を餌にする虫の場合は食虫植物自体が食べられてしまいます。

 

また、カビの仲間やウィルスによって病気になります。 

 

人間も病気になれば薬を使って治療しますが、植物も同じです。

なので、食虫植物を育てるときは農薬を使う事を覚悟してください。

 

「農薬」と聞くと、「体に危険」な物に聞こえますが、一般のお店で売られている物は、鍵付きのキャビネットに入っている物を除いて、そこまで危険ではありません。

 

鍵付きのキャビネットに入っている物は、毒物・劇物なのでとても危険です。

 

ですが、食虫植物の治療に使うのは毒物・劇物でなくても大丈夫なので、手についたり吸い込んだりしないようにすれば問題ないです。

 

室内で散布すると部屋を汚してしまうので、外で使える環境があればベストです。

 

外で使えなければ、換気しやすく、周りに飛散した薬剤をすぐに洗い落とせるお風呂場みたいなところを準備してください。

 

④土を使える作業場はあるか?


食虫植物も土に根を張って育っています。

ホームセンターで販売されている物は、ピートモス水苔という有機系の土、つまり微生物が繁殖しやすい土を使っている事があり、購入した時には腐敗が始まっている可能性があるため、購入後にすぐ植え替えしたほうが良いです。

 

植え替えの時に、古くなった土を捨てて新しい土に植えるわけですが、土なのでどうしてもバラバラこぼれます。

 

そのため、部屋の中で作業すると部屋が土まみれになりますし、手も汚れますので可能なら、庭などの土がこぼれても問題ない環境があったほうが、部屋を汚さずに済みます。

 

⑤自分の地域の気温は適しているか?


食虫植物は「熱帯のジャングル」に生えているイメージがありますが、実は自生地は様々で、熱帯のように暑い地域に生息しているものもあれば、冬には雪が降るような日本に近い気候の地域に生息している物もあります。

 

なので、自分が買おうとしている食虫植物が生き残れる気温を確保できるか、確認したほうが良いです。 

 

例えば、冬に弱い食虫植物を買う場合は、冬は暖房が効いた部屋に入れる必要がありますし、逆に暑さに弱い食虫植物を買う場合は、真夏に冷やさなければなりません。

 

ホームセンターに売られている食虫植物は、比較的栽培しやすい品種ですが、冬に弱いものもあります。

 

以下に耐えれる気温を書きますので、購入時の参考にしてもらえればと思います。

ただ、最高気温については、植え付けに使う土や鉢植えの材質によってケアできるので、最低気温の方を注意したほうが良いです。

 

 

ハエトリソウ

最低:ー10℃(雪に埋もれてれば、ー20℃まで大丈夫)

最高:30℃

 

サラセニア

最低:ー10℃(雪に埋もれてれば、ー20℃まで大丈夫)

最高:30℃

 

ネペンテス(ウツボカズラ

最低:10℃

最高:30℃

 

モウセンゴケ

最低:10℃

最高:30℃

 

ミミカキグサ

最低:10℃

最高:30℃

 

ムシトリスミレ

最低:10℃

最高:30℃

 

ハエトリソウとサラセニアはもともと雪が降る地域に生息しているので、北海道よりも南の地域では越冬できますが、それ以外の品種は保護しないと難しいです。

 

⑥まとめ


ホームセンターに並ぶ食虫植物を見ると、ついつい欲しくなるものです。

購入する前に、ちゃんと育てることができるかよく確認することで、より長く、そしてより深く楽しむことができるかと思います。

 

 

f:id:Think_diary:20200217211037j:plain

⑦もっといろんな情報を知りたい!という方は


 

 「他にどんな食虫植物があるの?」や「この食虫植物を育ててみたい!」という方は情報の集め方を記載しますので、是非参考にしてもらえればと思います。

 

<他にどんな食虫植物があるか知りたい!>

まずは書籍で確認するのが良いです。

以下の書籍をオススメします。

  

👇世界の食虫植物図鑑(商品リンク)

 

 👇ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック(商品リンク)

 

 この2冊があれば、食虫植物の種類から育て方まで確認できます。

 

<どうやったら入手できるの?>

 愛好家や通販で購入できます。

 

👇日本食虫植物愛好会

jcps.life.coocan.jp

 

👇山田食虫植物農園

ysexotics.cart.fc2.com

 

👇ヒーローズピッチャープランツ

hiros-pitcherplants.com

 

<植え替えや農薬の使い方を知りたい!>

インターネットで動画を配信されている方がいますので、是非ご覧ください。

昔は海外の方の動画しかないイメージでしたが、最近は日本人の方の投稿も増えました。

 

👇関西の食虫植物愛好家で育て方の他に自生地見学等幅広い情報発信をされています

チャンネルのリンクからLINEのオープンチャット「食虫植物友の会」に参加すると、もっとコアな質問もすることができますので、是非ご参加ください。

www.youtube.com

 

👇プロレスラーの獣神サンダーライガーさんも食虫植物愛好家です。

www.youtube.com