Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

ケーブル着脱型USB Type-CハブをASUS Zephyrus G14で使ってみた

こんにちは!

Thinkです。

 

今回は、ケーブル着脱型のUSB Type-CハブをASUS製のノートパソコン「Zephyrus G14」の弱点に対応するために購入したので、レビューいたします。

 

ケーブル着脱型のUSB Type-Cハブを探している方や、Zephyrus G14の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

 

①USB Type-Cハブは沢山あるけれど何を選ぶか?


まずは購入したZephyrus G14の仕様をご覧ください。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット版
  • CPU:Ryzen 9 4900HS
  • GPUAMD Radeon(内蔵)+RTX2060 MAX-Q
  • メモリ:16GB(DDR4-3200)
  • ストレージ:NVME SSD 1TB
  • ディスプレイ:14.0型ワイド(2560×1440、60Hz)
  • カメラ:無し
  • 無線通信:内蔵 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth v5.0)
  • バッテリ:4セル リチウムイオンバッテリ
  • 拡張I/F:HDMI x 1、マイクロフォン/ヘッドフォンコンボジャック、USB 3.0×2、USB 3.1(Gen2 Type-C×2 (左手側はUSB PDとDP対応)
  • スピーカー:クアッドスピーカー内蔵(1W×2、0.7W×2)
  • カラー:ムーンライトホワイト
  • 主な添付品:ACアダプター
  • 駆動時間:約9時間
  • サイズ:横324×奥行222×高さ17.9~18.9mm(AniMe Matrix非搭載モデル)
  • 質量 約1.65kg

Zephyrus G14は動画編集も可能な性能ですが、ゲーム用途に特化しているためか以下のような弱点があります。(細かい点まで挙げるとキリがないので、大まかな点を列挙します)

✅SDカードリーダー非搭載

✅有線LANポート非搭載

WEBカメラ非搭載

✅USB Type-Aポートが少ない

 

WEBカメラについては、ノートパソコンに初めから搭載されているWEBカメラは画質が悪い物が多いので、自分の姿を高画質で配信する場合は、仮にZephyrus G14にカメラが搭載されていたとしても、どのみち別のカメラを購入したほうが良いです。

 

SDカードリーダー、有線LANについては場合によって必須となります。

例えば有線LANしか使えない環境、あるいはSDカードから直接データを取り出したい時です。

 

これについては、Zephyrus G14に限らずMacbookのような、USB Type-Cしか搭載しなくなったノートパソコン全般に言えることです。

 

今回購入したUSB Type-Cハブは上記のZephyrus G14の弱点に対応することが目的なので

✅有線LAN端子

✅SDカードリーダー

が搭載されている事が必須です。

 

これらの端子を搭載しているUSB Type-Cハブは沢山ありますが、そのほとんどに当てはまる欠点が一つあります。

それは、「ケーブルが取り外せないこと」です。

 

ケーブルが取り外せないということは、ポーチ等の袋にいれた時に邪魔になりますし、ケーブルと本体の接続部分が負荷を受けやすいため、接続不良になりやすいです。

 

また、ケーブルが取り外せれば自分の用途に合った長さの物が使用できます。

 

そのため

✅有線LAN端子搭載

✅SDカードリーダー搭載

✅ケーブル取り外し可能

に対応したものを探しました。

 

②条件を満たすUSB Type-Cハブ


私が見つけたのは、Hieha製の7in1タイプの物です。

 

以下に商品リンクを掲載いたしますので、興味がある方は確認してみてください。

👇商品リンク

仕様

・TF/SDカードリーダー

・有線LAN端子(RJ45)(1000Mbps)

USB3.0 ×2

HDMI(最大4K、30fps出力)

・USB PD3.0

・USB Type-Cケーブルを本体に収納可能

f:id:Think_diary:20200630213823j:plain

外観

本体は金属製で高級感があり、バリもありませんでした。

 

ケーブルは本体に収納できますので、無くす心配もないです。

無くしたことを想定して、他のUSB Type-Cケーブルを使用してみましたが、無事に使用できました。

 

ただし、他のケーブルを使用するときは、ケーブルが対応している転送規格を確認してから使用するようにしてください。

 

TF/SDカードリーダーの仕様が書いていなかったため、手持ちのSDXCマイクロSDカードを変換アダプターに挿入して転送速度を測定してみました。

f:id:Think_diary:20200630205259p:plain

SDXCカード転送速度

SDXCのSDカードがちゃんと認識されていて、転送スピードも100MB近く出ていました。

 

③まとめ


今回はケーブル着脱型のUSB Type-Cハブを使用してZephyrus G14の弱点に対応できるか確認してみました。

 

一般的なUSB Type-Cハブは、ケーブル一体型の物が多いためケーブルが着脱できる本商品はとても扱いやすいですし、汎用性があります。

 

また、Zephyrus G14の弱点については、有線LAN端子及びSDカードリーダーの非搭載問題については、このUSB Type-Cハブで対応できる事がわかりました。

 

👇ASUS公式サイトのリンクも掲載しますので、もし興味がある方は是非確認してみてください。