Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【商品紹介】旅行先で有線LANを無線に変えるアイテム ~エレコムのポータブル無線LAN~

こんにちは!

Thinkです。

  

今回は、外出先の有線LANを無線に変えるアイテム、エレコム製のWiFiルーター無線LANポータブル WRH-583BK2-S」を紹介します。

 

無線LANは常時置いておく物が一般的ですが、今回紹介する物は持ち運べるタイプです。

 

出張や旅行先の宿泊施設の有線LANを無線LANに変換することで、タブレットスマートフォンをつなげることができます。

 

最近は無線LANを設置している宿泊施設も増えてきましたが、「有線LANしかない!」という事態に備えて、1台持っていると安心です。

 

 ↓以下のリンクの商品になります。

 

 

①本製品の特徴


✅小型・軽量で持ち運び安い(65mm(幅)×35mm(奥行)×20.5mm(高さ))

✅電源にMicro USB-Type Bを使用するのでパソコンやモバイルバッテリー等から給電できる

無線LAN規格:IEEE 802.11ac/n/a/b/gに対応(433Mbps+150Mbps)

✅有線LANの入力と出力ができ、有線LANと無線LANを同時使用できる

✅セキュリティ:WEP、WPA-PSK、WPA2-PSK、WPA/WPA2、SSIDMACアドレスフィルタリング

 

小型・軽量なうえ、無線LANの通信速度やセキュリティ機能も十分に備えています。

 

②どのような時に使うか?


出張や旅行の宿泊先で使用します。

据え置き型と異なりポケットに入る大きさなので、持ち運ぶのが楽です。

 

逆に言えば、据え置きで使用するのは以下の理由から、あまりオススメしません。

🔺放熱性が悪いため、長時間使用すると故障する可能性が高い

🔺有線LANが100BASE-TXなので、据え置き型と比較して速度が遅い

🔺無線LANの同時接続が2台まで(メーカー推奨)なので、ほぼ一人用

 

 

f:id:Think_diary:20200204194250j:plain

 

③使用上の注意点


・宿泊施設によっては、使用が禁止されているところもあります。使う前に要確認

・2.4GHz帯の電波は、Bluetooth無線マウス、キーボードと同じ周波数帯を使用しているため、場合によっては電波干渉で通信が不安定になる可能性がある。通信が不安定になったときは5GHz帯に切り替える必要あり。

・有線LANが100BASE-TXなので、大容量データの通信に時間がかかる(とはいえ、ホテルでは通信スピードが制限されている事が多いのであまり問題にはならない)

 

f:id:Think_diary:20200204190729j:plain

 

④まとめ


メリット

✅有線LANしかない宿泊施設で無線LANが使えるようになる

タブレットスマートフォンの通信量を削減できる

✅セキュリティ設定が可能

✅有線LANしかない宿泊施設で無線LANが使えるようになる

✅USBで給電するため、ACアダプターが無くても使用可能

✅有線LANの入力と出力が可能で、無線LANも同時使用可能

 

デメリット

🔺有線LANが遅い(ただしホテル使用だと問題無し)

🔺同時接続台数が2台までなのでほぼ一人用

🔺据え置き用途には向いていない→家で使用するときは据え置きタイプをオススメします

🔺有線LANケーブルは付属しないため、無線LANと有線LANを同時使用する場合は、別途ケーブルを用意する必要がある

 

↓例えば以下のような巻き取り式のケーブルがオススメです。

 

旅行に行くときに1台は持っていたほうが安心のアイテムです。