Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【レビュー】ノートパソコンスタンドでベンチマークは上昇するのか? AERO15 OLEDで検証してみた

こんにちは!

Thinkです。

 

今回はノートパソコンスタンドを使用することで、ベンチマークが上昇するのか検証しました。

 

ノートパソコンスタンドの購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

 

 

 

①使用した機材


 

  • ノートパソコン→AERO15 OLED
  • ノートパソコンスタンド→Nulaxyノートパソコンスタンド

 

↓AERO15 OLEDの商品リンク 

 

 

Nulaxyノートパソコンスタンドの商品リンク 

 

 

ベンチマーク測定方法


 

・使用ソフト

CINEBENCH R20

 

・測定条件

条件1:机に置いた状態でファン回転数は自動制御

条件2:机に置いた状態でファン回転数を最高設定

条件3:ノートパソコンスタンドに置いた状態でファン回転数は自動制御

条件4:ノートパソコンスタンドに置いた状態でファン回転数を最高設定

f:id:Think_diary:20200211194910j:plain

机に置いた状態

f:id:Think_diary:20200211195253j:plain

ノートパソコンスタンドに置いた状態

 

上記設置状態でCINEBENCH R20を使用して、ベンチマークスコアを比較しました。

なお、ベンチマーク測定前にCINEBENCH R20を2回測定し、CPUを十分に暖めた状態で測定しました。

 

 

ベンチマーク測定結果


f:id:Think_diary:20200211200600p:plain

条件1結果

f:id:Think_diary:20200211200623p:plain

条件2結果

f:id:Think_diary:20200211200638p:plain

条件3結果

f:id:Think_diary:20200211200657p:plain

条件4結果

 

条件1~条件4では、どの結果もほとんど差がない結果となりました。

 

私の予想だと、エアフロ―が改善するので、ベンチマークスコアが上昇すると考えていたので、予想外の結果でした。

 

ベンチマーク測定中のCPU温度とCPU周波数の変動


 

最もスコアが下がると予想していた条件1と、最もスコアが上がると予想していた条件4の測定結果をグラフにしました。

 

f:id:Think_diary:20200211205627p:plain

条件1のCPU温度と周波数の推移

 

 

f:id:Think_diary:20200211205642p:plain

条件4のCPU温度と周波数の推移

条件1と条件4は両方とも同様の挙動を示していました。

  1. 開始から11秒でCPU温度が78℃で一定になる
  2. 開始から11秒でCPU周波数が3.2GHz付近で一定になる

この結果から、ートパソコンの下に空間がある状態で、ファンの回転数を最大にしてもCPU温度はほとんど変化がないことがわかりました。

 

もちろん、この時のパソコン周辺の気温は極端に変化していません。

 

⑤考察


以上の結果からノートパソコンスタンドで見かけ上のエアフローを改善しても、ノートパソコンが良く冷えるわけではない事がわかりました。

 

ただ、この検証で気になるのは

 

ファンの回転数を自動制御から最大に変更して、排気される空気の量が明らかに増えているのに、何が冷えているのか?

 

という点です。

 

可能性として考えられるのは以下の通りです。

  • パソコンに搭載されている冷却用のヒートパイプが熱を運ぶ量の限界
  • AERO15 OLEDに搭載されているAIやハードウェアのチューニング設定の影響

 

ベンチマーク終了時に条件1ではCPU温度が54℃に低下しているのに対し、条件4では50℃に低下しています。

なので、ファン回転数が高いほうが冷却スピードは速い事がわかります。

 

ファンまで運ばれてきた熱の排気は、ファンの回転数が大きいほど早く排気されるので、冷却速度は速いです。

 

ですが、CPUからファンまでつなげているヒートパイプが一度に運べる熱量が限界を迎えているのであれば、CPUが常時発熱している状態だとヒートパイプが運べる熱以上はCPUを冷やせないのかもしれません。

 

⑥まとめ


ノートパソコンスタンドでノートパソコンの下に空間を作り、エアフロ―を改善しても、冷却性能がアップするかどうかを決めるのは、ノートパソコンの冷却機構でした。