Think_diary

PCレビューから日常的に感じた事まで書いていく雑記ブログ

【初心者向け】教科書を電子化して勉強する理由とその方法

こんにちは!

Thinkです。

 

私は過去に環境計量士を受験したことがあるのですが、その時の勉強方法として、参考書を電子化(pdf化)し、パソコン、タブレットスマートフォンといった、電子端末に入れて勉強したことがあります。

 

今回は、その体験談をもとに、参考書を電子化した理由とその方法を書きました。

 

環境計量士に限らず、勉強する上で参考書を電子化するメリットはありますので、是非参考にしてみてください。

 

 

①なぜ電子化したのか?


環境計量士の勉強で使用した参考書は1冊だけではありませんでした。

 

またページ数も500ページを超えるものがザラにありました。ちょっとした辞典レベルですね。

そして、勉強するには参考書だけでなくノートと筆記用具も必要になります。

 

さて、これらの合計質量と体積を量ってみましょう。

1kgをゆうに超えます。

また、体積も一般的に普及しているタブレットiPadと比較しても大きいです

 

もちろん、紙媒体で勉強することのメリットはあります。

目的のページをすぐに開いたり、目が疲れにくいなど様々なメリットがありますが、

体積と質量を減らすことのメリットのほうが大きいと考えました。

 

例えば、試験当日の荷物を考えてみましょう。

 

この時勉強道具を持っていきますが参考書数冊、ノート、筆記用具....と持っていくとバッグが重くなり、体に負担がかかります。

 

筆記用具は試験を受けるときに必須のものなので、必ず持っていかなければなりませんが、参考書数冊を電子化し、ノートをすべて電子端末で管理してしまえば、勉強に必要な荷物は電子端末とその充電器だけです。

 

また、「勉強は参考書とノートを眺めるだけだよ」という方は、スマートフォンだけでも十分勉強できてしまいます。

f:id:Think_diary:20200204194250j:plain


  

②実際にどのように勉強したのか?


電子化したデータをiPadに入れ、画面分割機能を使用して左側に参考書pdfを表示し、右側にノートアプリ(メモでもいいかも)を表示して、勉強しました。

(私は右利きなので、右側にノートアプリを表示しましたが、左側にも表示できます)

 

iPad一台で参考書とノートを両方開くことができます。

もちろんこれは、iPad以外の電子端末でも可能です。

 

③電子化の流れ


参考書をカッターで裁断し、スキャナーを使用して電子データとして取り込みました。

iPad、アップルペンシル、スキャナ、PC…

 

と初期投資はかなりかかりますが、これらは環境計量士勉強だけでなく、さまざまな用途に使用できるので、無駄になることはないと思います。

 

参考書の電子化方法ついては専用の記事を書きましたので、こちらをご確認ください。

www.think-diary.com

 

f:id:Think_diary:20200204194518j:plain

 

④どんな電子端末を使用すればいいか?


私が環境計量士の勉強をしているときは、iPadとアップルペンシルを使用していましたが、ファイルの扱いが面倒くさいのと、エクセル、ワードといったソフトウェアがパソコンと同等レベルで使用できないというデメリットがあり、パソコンとiPadの両方を用意する必要がありました。

 

もしパソコンとタブレットの用途を一台で兼用したい!

という方は、富士通製のノートパソコン「Lifebook WU3/D2」をオススメします。

 

このパソコンについては、他にも記事を書いていますが、一言で言えば勉強用タブレットとパソコンを兼用するのにちょうどいい端末です。

 

このパソコンの特徴は

Windows搭載なので、ワードやエクセルといったソフトウェアが使える

✅13.3インチで1kg以下の薄型2in1ノートパソコンでタブレットとしても、ノートパソコンとしても使用できる

✅ペンシルを内蔵できる(無くす心配がない)

✅豊富な端子(薄型なのに有線LANポートも搭載)

 

といった、ノートパソコンとタブレットの両方を兼用したい方向けの端末になります。

興味がある方は、是非ご検討ください。 

 

 

↓購入される方は、以下のリンクから

富士通 FMV LIFEBOOK UH